Top

愛犬beckとの毎日・ソウルミュージック・陶芸・お庭...             管理人 be☆び
by ettasmokey
MENU & LINK
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本家HP
  “QUIET STORM ”

   ◇TOP PAGE◇ 
 

ふぉと掲示板
MY SWEET SOUL
『RAM JAM Life』 ~土と遊ぶ
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




いつでも里親募集中





《LINK》

NHKネットラジオらじる★らじる
洛西陶芸教室
陶芸用語集
花図鑑

最新の記事
ありがとう、ベック
at 2017-03-02 15:27
ご無沙汰しています
at 2016-10-23 19:57
小豆島2日目
at 2015-10-22 23:57
小豆島
at 2015-08-31 16:54
富士山
at 2015-02-19 23:08
外部リンク
フォロー中のブログ
Kenny's Musi...
てるみん陶工房
わたしのスィートミュージック
器・UTSUWA&陶芸blog
そ よ 風 散 歩
しょ~ちゃん と おっと...
♪♪ミヤコのサロン♪♪
クイイジーヌmintot...
サイママ日記
パンの木ぷらす~備忘録
空が好き!
器が好き (パンも大好き)
◆うえるかむ♪はなちゃん'S◆
二匹とふたり
サクラちゃんの日記
3×ビーグル!!!
私のちいさな家族達へ
MI-CHIN'S BLOG
天・心・RUN・MINE
HANA はな OHANA
日々メモ(音楽篇)
食卓の風・・・
森の暮らし  たいまぐら便り
♪happyがいっぱい♪...
手の先の事徒然に
あお空ダイアリー
■工房 YUSA
駅風呂やめました本舗
みかんとまろんのお馬鹿な...
わんぱく歓とおとぼけママ...
Happy everyday
愛犬とおでかけし隊!
舞ときらりと琴
陶工房 八朔日記
うれしいの素
.。.:*・゚ご飯が大好...
たっちゃん手控帳でござんす
ぼちぼち生活②
幸せとともに
Trimming
岡山・Go Go グルメ隊!!
Animal Skin ...
ややコロ日記
chez-kina
ごはんの時間 ++気まぐ...
雲母(KIRA)の舟に乗って
麻生圭子 水辺の家で猫と...
カテゴリ
全体
BECK
山歩き・川遊び
おでかけ
自然
SOUL MUSIC

日々の出来事
ランチ
オフ会
陶芸
’04 秋に起こったこと
岡山
ANYTHING
スキン編集用画像
旅行
未分類
ライフログ
我われは犬である
SOUL !
タグ
(35)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
検索
以前の記事
2017年 03月
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"WD-succulent1" Skin by Animal Skin
小豆島2日目
2日目は「二十四の瞳映画村」へ。
二十四の瞳は昭和27年に壺井栄が発表した小説でこれまで、映画化2回、テレビドラマ化6回もされた作品,,,
なのですがワタクシ作品名は知っていても今まで読んだことも見たこともなかった(汗)
今回あらすじはザッと読ませていただきましたが~(^^;)
なのでこの映画村は1950年代日本映画の黄金期の写真とノスタルジックな雰囲気を楽しむということで。

b0025947_21173917.jpg


↑ コブの大きなコブダイのコブちゃんもいました。

↓ 岬の分教場の矢印の向こうは海です。

b0025947_21231192.jpg



b0025947_21244187.jpg


私が小学校一年の時はまだ古い木造の校舎でこんな椅子や机を使ってたような気がする。
床板がぎしぎし鳴って冬になると大きなストーブが据え付けられた。
脱脂粉乳が嫌で嫌でいつも鼻をつまんで飲んでた。
二年生になって新校舎が完成し、脱脂粉乳は牛乳になって、トイレも水洗になって嬉しかったなぁ。
って暫しタイムスリップ。


b0025947_21251393.jpg



b0025947_21343373.jpg




昔から製塩業が盛んだった小豆島では、江戸時代に入り醤油作りが始まりました。
醤油業の隆盛と共に戦後その醤油を使った佃煮業へと発展し、今日に至っているそうです。
次は「醤の郷」へ。

マルキン醤油の工場を少し見学。

b0025947_21314974.jpg


馬木散策路をぶらぶら。
家々の表札が醤油の樽の形をしています。
駐車場で見つけたアーモンドの実。初めて見たわ~。

b0025947_2126544.jpg



ヤノロク醤油さんを見学させてもらいます。


b0025947_21302240.jpg


「呼吸する蔵」
ヤマロク醤油のもろみ蔵は100年以上前(明治初期)に建てられた蔵で、国の登録有形文化財に指定されています。木造平屋で床は土間、壁は土壁。見た感じボロボロですが、そこがごっついポイントです。実は樽以上に、梁や土壁、土間の中のボロっちーところには百種類という酵母菌や乳酸菌たちが暮らしているのです。つまり蔵は昔からずぅ~っとここで暮らしている菌たちの家。生きてる蔵なのです。

もろみ樽は、三十二石(約6000リットル)の大杉樽を使っています。樽職人さんの目利きでは、使い始めてから既に150年以上経過しており、大切に使えば孫の代まではなんとか使えるとのこと。ただし杉樽職人が激減していることが未来の大きな不安材料でもあります。小豆島には1000本以上の樽が残っており、狭い地域にこれだけ醤油蔵が密集している地域も他に類を見ません。

                          ヤマロク醤油HPより抜粋させていただきました


b0025947_21292123.jpg




b0025947_2130877.jpg



b0025947_2353647.jpg



醤油諸味を布で包み込んで濾過しています。
昔は木綿の布だったのでほつれや破れを繕うのが日課でしたが
今ではナイロンの耐久性に優れた布が使われています。


b0025947_21325749.jpg



私達を案内してくれたのは若い女性でしたが、次々来る見学者を一組一組丁寧に案内してくれてとても感じが良かったです。
醤油造りというと男性の年配の職人さんをイメージしていたのですがスタッフさんは若い方が多く、
私達が行ったときテレビの取材も来ていて活気がありました。


小豆島の真ん中、千枚田の棚田の中にあるこまめ食堂さんでお昼ご飯です。
ちょうどお昼時で小さな店内は満席。
裏に小学校の机を並べたテラス席?があり一つ空いていたのですが少し前から雲行きが怪しくなり始め風も出てきました。
食事が終わるまでもう少し待って~。
足元が寒いので店内に置いてあったブランケットをお借りして防寒。
ベックも一緒ですよ。

注文したのはもちろん看板メニューの"棚田のおにぎり定食"
棚田で手間暇かけて育てたお米と、棚田の上流域から湧き出る湧水で『銘水百選』 にも選ばれている 『湯船の銘水』 が使われています。
苺の芯がくり抜かれています。これどうやったんですか?って帰りにお聞きするとストローをお尻の方から差し込むんだって。
へぇ~なるほどね。こうすると手を汚さずに食べられるね。


b0025947_21352731.jpg



自家製マフィンを買って外に出るとポツッと雨がぁ~。
棚田の写真も撮りたかったのに残念。


b0025947_19282740.jpg



一泊二日の小豆島の旅も終わり。
雨が降り出したので予約していたフェリーより一本早いのにして帰路につきました。


b0025947_2136973.jpg

[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2015-10-22 23:57 | 旅行 | Comments(3)
Commented by おば関 at 2015-11-02 13:55 x
何故か懐かしい・・・・・
いや、そんなはずはない!!
なんぼなんでもアタシの時代より古いはず。
いやぁ、でもやっぱ懐かしいなぁ。
昭和の風景やね、この学校とかは。
棚田もあるんやね。
水を張って田植えしてずぐくらいのときに満月で、全ての棚田一つ一つに月が映ってる、という
「田毎の月」がいっぺん見てみたい!
Commented by ettasmokey at 2015-12-23 20:02
★おば関ちゃんへ
めっちゃ遅いお返事ごめんなさい。
書いてるように私は一年生の時だけむっちゃ古い校舎やったからこれに近い雰囲気があったよ。
脱脂粉乳も一年間だけ飲んだしね。
苦手やったから鼻つまんで飲んでたけど二年から牛乳になってほっとしたのも覚えてるわ。
「田毎の月」、いいやろねぇ。
Commented by yuri-ko20 at 2016-06-25 13:32
こんにちは!
ご無沙汰しています
地震も少し落ち着いてきたのかな?
余震も少なくなりましたが、これが安心できないのですよね~
今度は豪雨ですよ^^ 自然に狙い撃ちされていますよ
今日もしとしと降っています

小豆島の旅拝見しました
小学校の時映画見ましたね
女の子の弁当箱(アルミ?)百合の花の弁当箱で
私も給食が始まるまで、百合の花の弁当箱でした 
そのシーンよく覚えていましたが
TVの二十四の瞳では百合の花の弁当箱でなくて残念!
懐かしく思い出されました
<< ご無沙汰しています | ページトップ | 小豆島 >>