Top

愛犬beckとの毎日・ソウルミュージック・陶芸・お庭...             管理人 be☆び
by ettasmokey
MENU & LINK
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本家HP
  “QUIET STORM ”

   ◇TOP PAGE◇ 
 

ふぉと掲示板
MY SWEET SOUL
『RAM JAM Life』 ~土と遊ぶ
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




いつでも里親募集中





《LINK》

NHKネットラジオらじる★らじる
洛西陶芸教室
陶芸用語集
花図鑑

最新の記事
沖縄二日目
at 2017-08-08 23:02
沖縄1日目
at 2017-06-07 18:28
ありがとう、ベック
at 2017-03-02 15:27
ご無沙汰しています
at 2016-10-23 19:57
小豆島2日目
at 2015-10-22 23:57
外部リンク
フォロー中のブログ
Kenny's Musi...
てるみん陶工房
わたしのスィートミュージック
器・UTSUWA&陶芸blog
そ よ 風 散 歩
しょ~ちゃん と おっと...
♪♪ミヤコのサロン♪♪
クイイジーヌmintot...
サイママ日記
パンの木ぷらす~備忘録
空が好き!
器が好き (パンも大好き)
◆うえるかむ♪はなちゃん'S◆
二匹とふたり
サクラちゃんの日記
3×ビーグル!!!
私のちいさな家族達へ
MI-CHIN'S BLOG
天・心・RUN・MINE
HANA はな OHANA
日々メモ(音楽篇)
食卓の風・・・
森の暮らし  たいまぐら便り
♪happyがいっぱい♪...
手の先の事徒然に
あお空ダイアリー
■工房 YUSA
駅風呂やめました本舗
みかんとまろんのお馬鹿な...
わんぱく歓とおとぼけママ...
Happy everyday
愛犬とおでかけし隊!
舞ときらりと琴
陶工房 八朔日記
うれしいの素
.。.:*・゚ご飯が大好...
たっちゃん手控帳でござんす
ぼちぼち生活②
幸せとともに
Trimming
岡山・Go Go グルメ隊!!
Animal Skin ...
ややコロ日記
chez-kina
ごはんの時間 ++気まぐ...
雲母(KIRA)の舟に乗って
麻生圭子 水辺の家で猫と...
カテゴリ
全体
BECK
山歩き・川遊び
おでかけ
自然
SOUL MUSIC

日々の出来事
ランチ
オフ会
陶芸
’04 秋に起こったこと
岡山
ANYTHING
スキン編集用画像
旅行
未分類
ライフログ
我われは犬である
SOUL !
タグ
(35)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
検索
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 03月
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"WD-succulent1" Skin by Animal Skin
カテゴリ:’04 秋に起こったこと( 12 )
Top▲ |
異常なし
今日は私の脳神経外科へ行ってきた。
髄膜腫の手術から7ヶ月経つのでそろそろ検査の時期かと思い家人にもついてきてもらう。
なにしろしっかりしているようで頼りない私。
もし何かあったとき大事なことを聞き漏らしてたら大変だから...。
病院はとても混んでいてかなり待たされた後造影剤を使ったCT検査をした。
造影剤を血管から入れるとまず喉の辺りがカァっと熱くなりその後体の真ん中当たりも熱くなる。
撮影は5分ほどで終わるが決して気持ちのいい感覚ではない。
でもこのCT画像は驚くほどはっきりと血管や脳の様子が写っていて欠かせない検査だ。
結果は異常なし。
もし手術したことを告げずにこの画像を見てもらったら
ほとんどの医師は分からないくらいきれいになってますよと言われた。
よかった...。
でも終わったのはもう三時。ちょっと疲れた。
久しぶりに留守番をしたベックのことを心配しながら帰ったが元気に迎えてくれた。

そして今日は私の誕生日だった。
みなさんにお祝いの言葉をいただきとても嬉しく感謝しています。
ささやかなお祝いはお昼に食べたカレーになりました。(^^v
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2005-05-06 20:23 | ’04 秋に起こったこと | Comments(0)
一ヶ月
今日、退院後初めて病院へ行ってきた。
この一ヶ月はなんかやたら忙しくて早かったなぁ。
何が忙しかったのか自分でもよく分からないのだけど
大したこともしてないので
きっと私一人で焦っていただけなのかもと思ったりする。

で、今日はなんの検査もなくて先生とお話ししただけだが
時々頭がチリチリ痛いのはなんの心配もないと言われ安心。
3年くらいは痛いんだって。(内心「えー、3年も?」)
それから口が開かない事について
耳鼻科では挫いていると言われた事を話すと即座に否定。
「あなたの場合、脳の筋肉を深いところまで触っているのだから
そういうこともありえる。たくさんそういう人はいますよ」
と言われる。
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-11-05 21:49 | ’04 秋に起こったこと | Comments(0)
挫いてる...?
退院後、買い物に行ったり散歩に行ったり、順調にいつもの生活に戻っていっています。
火曜日には入院中に耳が聞こえにくくなって受診した耳鼻科をもう一度受診しました。耳はあれから少しずつ聞こえるようになっており、やはり時間と共に腫れが引いてきているようです。
しかしオペ後から痛みが引かないのが右の奥歯のかみ合わせの辺り。脳外科では「脳の筋肉を大きく触っているのだから色んなところが痛いのです。時間と共に治るから問題ないでしょう」と言われていたのですが、毎日痛くて物を噛みにくい状態が続いているので、耳鼻科の先生に相談してみました。すると左右のかみ合わせの辺りを指で強く押さえながら「ゆっくりと口を開けてみて~、閉じてみて~」と言われました。(これはきっと顎関節症かどうかを調べていたと思われる)そして一言...「これは挫いてるな」とおっしゃったのです。意外な言葉に始め意味が分からなかったのですが、「オペの時管を喉の奥に入れたりするのだが、その時口を大きく開けすぎてちょうつがいのところを痛めたのだ。麻酔が効いている状態なのでその時本人はもちろん痛みを感じないし、あなたの口が小さすぎたんだね。」とおっしゃいました。うーん、そんな事ってあるんだぁ...(^^;
私がお世話になった病院は脳外科のオペの症例数が多いところで、とても優秀なことで有名です。そのことは入院していても納得ができました。でも、あご以外にも私の左腕にもまだその痕跡が残っているのですが、脳以外の場所に関しての手技は意外に荒っぽいのかも...と思ったりしました。


昨日から散歩友達RUNさんと舞ちゃんとの散歩復活です。ベックは舞ちゃんと会うなり走り寄り、やっぱり友達と会えたのがうれしかったんだね。入院前は草ボウボウで歩けなかった川原も草刈りが済んでいました。何人かの犬友さんにも会ってやっと事情を話すことができたけど、いままで毎日一緒に歩いていたRUNさんは私の入院中「ベックちゃんは?」と聞かれることが多く、その度にごまかしてくれていたこと...ごめんね。ベックも久々に会うよそのお母さんに珍しく甘えたりして、ちょっとびっくりしました。
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-10-13 20:17 | ’04 秋に起こったこと | Comments(0)
退院
10月9日の午前中退院できました。

ちょうど大きな台風が来るというのでほとんどの荷物は前日に持って帰ってもらっていたのですが、近畿地方は逸れたようで荷物を持って大変な思いをすることもなく良かった。
帰りの車中ではベックが一体どんな反応をするかと話していたのですが、まず桜のだんなが家へはいるといつものように大喜びで迎えている様子。その後ろから私がそっと顔を出すと一瞬ドキッとしたかのように固まるベック。腰は半分引け気味なのに首だけを一生懸命伸ばして私の顔をじぃーっと見ています。なんだかいじらしくなって私の方が我慢できず「ベック」と声をかけると「ほんとに...本当にお母さんなの?」とでも言いたそうな表情で私に取りすがってきました。後はもう凄まじい‘ぺろぺろ攻撃’の嵐!!普段ベックは他の人の顔は舐めても私の顔は舐めません。メイクが落ちるから小さい頃から舐めさせないようにしていたから。なのにもう全身を使って喜びを表現するベックを見てなんだか切なくなってしまいました。

それから久しぶりにコーヒーを立てて、桜のだんなと母と三人で「お疲れ様でした」を言い合いほっとしました。そして入院の荷物がいつまでもあるのは嫌なので夕方まで片づけをしていたのですが、思っていたより疲れもないしとても元気。ただ、たった二週間居なかっただけの場所なのに数ヶ月も留守にしていたような感覚がつきまとい、目に入ってくる日常品一つ一つでさえ物珍しく思えました。

夜は退院祝いに食事に行き美味しいものいっぱいいただきました。

ご心配いただき本当にありがとうございました。
皆さんへのお返事は明日いたしますね。
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-10-10 08:51 | ’04 秋に起こったこと | Comments(5)
元気になりました
病院より

入院から十日、オペから一週間がたちました。痛さ辛さはオペ後三日あたりから少しずつとれてきて、昨日あたりから食欲も出てきて体の内側から活力が出ているのを感じます。
始めの頃は話す相手もなく、それはそれでゆっくりできてよかったのですが、ここ2~3日同年代のシンガーソングライターの方と急速に打ち解けたり、お向かいの部屋のフィリピンの方と片言を交えての話をしたりするようになりました。テレビの上のベックの写真に犬好きさんから声をかけてもらいしばしの親バカ話も楽しい!という訳で急速に元気になっている私でしたー。
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-10-06 16:17 | ’04 秋に起こったこと | Comments(0)
無事終わりました
病院より

ご心配をおかけした皆様、オペが無事終わりました。大きな血管も脳も傷つけることなく腫瘍が全て取れたそうです。
さっきから立って歩いてもいいと許可がでて少し歩いてみましたがベッドに帰ってくると脱力感と胃痛に見舞われ今横になっているところです。無理はできないけど先生も起き上がって生活するほうが回復が早いとおっしゃったので少しずつ頑張ってみます。。。be
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-10-01 14:52 | ’04 秋に起こったこと | Comments(4)
行ってきまーす♪
いよいよ明日入院。
朝から気づいたことを片っ端から片づける。
ラッキーなことにお天気が良かったのでシーツ類も洗濯できてすっきり。
夕方には母に来てもらって色んな事を説明&お願い。
それから荷物をまとめてみると紙袋に5つとCDとMDの入った小さな箱が一つできた。
初めてお世話になる病院なのでどんな設備があるのかも分からない。
荷物、入るかしら?

病気のことを知った9月始めの頃
掲示板で「あるがままに受け止めて手術までの日々を淡々と過ごしたい」
と言うようなことを書いたけれど
その様に過ごせたことに今安堵している。
これもまわりの方々のアドバイスや励ましのお陰。
皆さんにはご心配をおかけして本当にすいませんでした。
またお話しできる日を楽しみに...行って参ります。

                              be
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-09-26 00:06 | ’04 秋に起こったこと | Comments(0)
二回目の採血
9/22、二回目の採血に行ってきた。
先週はかかった時間3分という驚異的な早さだったけど
今回はさすがにそうもいかなかったようで、12分で採血終了。
少しがっかりしている私に「これでも早いほうですよ」と看護師さんが言って下さった。(笑)
後はオペまでにまた元気な血液作りに励まなければ。

いよいよ26日(日)に入院だが
月曜日は大腿動脈からカテーテルを入れ脳のより詳しい検査をする。
これによって腫瘍の近くに太い血管がないかどうかを調べ、オペの方針が決まる。
検査自体は1時間ほどだが太い血管に太い針を入れるので
その後6時間ほど圧迫をしなければならずベッド上で安静にするのが結構大変らしい。
その間は誰かについてもらう方がいいとのことで岡山の妹に来てもらうことにした。

そして日曜からオペの日まで毎日
検査やオペの説明をうけ、承諾書を書いたりしなければならないので
桜のだんなに来てもらわなければならないらしい。
仕事の都合もつけてもらわなければならず
私もなりたくてなった病気じゃないけど、
家族には迷惑をかけているなぁと申し訳ない気持ち。


今日は何ヶ月も前から楽しみにしていた映画
「STANDING IN THE SHADOWS OF MOTOWN-永遠のモータウン」
を見に行ってきた。
ぎりぎり間に合ったのはよいけれど
発券の機械のところで「これから後の人は立ち見ですー」と言っている。
立ち見とは辛いがここまで来てしまったものはしょうがないと思い中へはいると
案内の人が一番前の席なら開いているというので立つよりましとずんずん前へ。
かなり不自然な姿勢での二時間...だったが、行ってよかったぁ。
黄金期のモータウンを支えた男達“ファンク・ブラザーズ”
私がソウルミュージックを聴き始めたあの頃の曲のバックは彼らの演奏だったということを
私はこの映画によって初めて知った。
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-09-23 22:40 | ’04 秋に起こったこと | Comments(3)
自己血輸血
9/15 (水)

自己血輸血の採血をするため2時半に病院へ行く。
400ccの採血というのは初めてなのでちゃんととれるかどうか少し心配。
始めに右腕で生理食塩水の点滴を始める。そして足首で血圧を測りながら、左腕からまず検査用の血液を少し採り、その後医師が来て採血を始める。10分くらいはかかるのだろうと思っていたらあっという間に200cc溜まり、400cc溜まるまでなんと3分しかかからなかった。看護師さん達もびっくりの早さだそうで、飲んでいた鉄剤がよく効いたらしい。いったん下がった血圧もすぐ元に戻り無事採血が終わる。この血液はオペまで冷蔵庫で保管するそうだ。血管も太くて探しやすいし優等生の血管と言われたが、これから重要になる血管だけに針を刺したところを壊さないように看護師さんが15分も圧迫してくれた。点滴が終わるまで30分ほど横になっていたがそれが終わる頃血液検査の結果が出た。結果はOK!万が一の時はこの血液が使えるということだ。
もし溜まるのが遅い時のためにと看護師さんがガーゼと包帯で作ってきてくれた手のひらに握る物も出番がないほどで「せっかく握り心地満点の“愛のにき゜にぎ”作ってきたのになぁ」と言われ、来週は使わせてもらうかもと感謝した。
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-09-16 14:56 | ’04 秋に起こったこと | Comments(13)
病院が決まった!
at 2004 09/08 15:29 編集

9/6 (月)
土曜日に前の病院でMRI画像を貸し出してもらい、それを持ってもう一軒の病院へ行く。ここは家から車で15分くらいのところにある総合病院。病院ランキングの書籍やネットで調べたところによると京都でも2番目に脳神経外科の手術数が多く、最新の設備もあるところだ。
昨夜中学時代の友人から電話をもらい、同じく私達の同級生が大阪でドクターをしているので何か手助けできることはないか連絡を取ってくれるとの申し出を受けた。今朝そのドクターとも電話で話すことが出来、これから私が行く病院なら大丈夫との言葉をもらい、気持ちは少し軽くなって出かける。
朝一番に行き、まずは血圧と左右の握力を計る。次に造影剤を点滴しながらCTを撮った。そして診察をしてもらったのはもう12時を過ぎていた。
院長先生の診察で、診断はやはり髄膜種で大きさは約3cm。CTの画像は腫瘍や血管がびっくりするほど鮮明に写っていて、CTよりMRIのほうが詳しく写ると思いこんでいた私は少しびっくりした。出来ている場所は右目の奥の骨に根本がついているらしい。頭蓋に近いところに出来ていると思っていたのは私の勘違い。腫瘍のそばに大きな血管が写っていて、手術(以下オペと書く)の際この血管を破らないよう気をつけることが重要だそう。腫瘍が大きくなるほど血管を巻き込むことになるのでなるべく早いオペが望ましいといわれた。
「一度帰って考えてこられてもいいですよ」といわれたが、もうすでに私の気持ちは決まっており、この病院でお願いすることにした。
診察が終わり看護師さんとオペの日程を決める段になって自己血輸血の話を聞くのを忘れていたことに気づく。
自己血輸血とはオペ前に自分の血液を採っておき、もし輸血が必要になった場合その血液を使ってもらうのだ。他人の血液を使う場合問題になるのは感染症(肝炎・エイズなど)とGVHD(移植片対宿主病-輸血した血液の白血球が患者を攻撃する反応)。もし大出血を起こし自己血だけでは足りない場合はもちろん日赤の血液も使うことになるだろうが、出来る限りのことはしておきたい。自己血輸血のことは以前開腹手術をしたときに得た知識で、その時は必要がないだろうと言うことで実行しなかったが、今回こんな形で役に立とうとは...。何でも勉強しておくものだなぁ。
午後から自己血輸血のことについてまた違う先生にお話を聞く。この病院では整形外科では自己血を使うことは時々あるが、脳神経外科で使うのは初めてだという。しかし「そういう時代ですから積極的に取り組んでいきたい」と自己血輸血を肯定的にとらえて下さる言葉に安心した。院長先生は正直話しにくい雰囲気だったが、この中堅の先生はとても質問しやすく、疑問に思っていることを色々と聞けた。
オペの日は29日。その前に大腿部付け根からカテーテルを入れて造影剤を使い脳血管撮影を行うため(これが結構しんどいらしい...)26日から入院となる。その前に一週間おきに400ccの血液を二回採血。今まで400ccもの血液を採ったことはないのでそんなに採ってオペまでに体力が回復するだろうかと少し心配だが、鉄剤の飲み薬と増血剤の注射で補うそうだ。私に出来るのは血液を増やす食品をとり、よく寝て体力をつけること。
最後に入院・オペに関する説明をしてくれた看護師さんもとても優しく頼りになる方で、メンタル面や経済的な心配まで心配りをして下さり、この病院に安心して任せられるという確信をいっそう強く持った。
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-09-16 14:35 | ’04 秋に起こったこと | Comments(0)
| ページトップ |