「ほっ」と。キャンペーン
Top

愛犬beckとの毎日・ソウルミュージック・陶芸・お庭...             管理人 be☆び
by ettasmokey
MENU & LINK
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本家HP
  “QUIET STORM ”

   ◇TOP PAGE◇ 
 

ふぉと掲示板
MY SWEET SOUL
『RAM JAM Life』 ~土と遊ぶ
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




いつでも里親募集中





《LINK》

NHKネットラジオらじる★らじる
洛西陶芸教室
陶芸用語集
花図鑑

最新の記事
ご無沙汰しています
at 2016-10-23 19:57
小豆島2日目
at 2015-10-22 23:57
小豆島
at 2015-08-31 16:54
富士山
at 2015-02-19 23:08
2015年 明けました♪ 降..
at 2015-01-09 13:23
外部リンク
お気に入りブログ
Kenny's Musi...
てるみん陶工房
わたしのスィートミュージック
器・UTSUWA&陶芸blog
そ よ 風 散 歩
しょ~ちゃん と おっと...
♪♪ミヤコのサロン♪♪
クイイジーヌmintot...
サイママ日記
パンの木ぷらす~備忘録
空が好き!
器が好き (パンも大好き)
◆うえるかむ♪はなちゃん'S◆
二匹とふたり
サクラちゃんの日記
3×ビーグル!!!
私のちいさな家族達へ
MI-CHIN'S BLOG
天・心・RUN・MINE
HANA はな OHANA
日々メモ(音楽篇)
食卓の風・・・
森の暮らし  たいまぐら便り
♪happyがいっぱい♪...
手の先の事徒然に
あお空ダイアリー
■工房 YUSA
駅風呂やめました本舗
みかんとまろんのお馬鹿な...
わんぱく歓とおとぼけママ...
Happy everyday
愛犬とおでかけし隊!
舞ときらりと琴
陶工房 八朔日記
うれしいの素
.。.:*・゚ご飯が大好...
たっちゃん手控帳でござんす
ぼちぼち生活②
幸せとともに
Trimming
岡山・Go Go グルメ隊!!
Animal Skin ...
ややコロ日記
chez-kina
ごはんの時間 ++気まぐ...
雲母(KIRA)の舟に乗って
麻生圭子 水辺の家で猫と...
カテゴリ
全体
BECK
山歩き・川遊び
おでかけ
自然
SOUL MUSIC

日々の出来事
ランチ
オフ会
陶芸
’04 秋に起こったこと
岡山
ANYTHING
スキン編集用画像
旅行
未分類
ライフログ
我われは犬である
SOUL !
タグ
(35)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
検索
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"WD-succulent1" Skin by Animal Skin
<   2004年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
行ってきまーす♪
いよいよ明日入院。
朝から気づいたことを片っ端から片づける。
ラッキーなことにお天気が良かったのでシーツ類も洗濯できてすっきり。
夕方には母に来てもらって色んな事を説明&お願い。
それから荷物をまとめてみると紙袋に5つとCDとMDの入った小さな箱が一つできた。
初めてお世話になる病院なのでどんな設備があるのかも分からない。
荷物、入るかしら?

病気のことを知った9月始めの頃
掲示板で「あるがままに受け止めて手術までの日々を淡々と過ごしたい」
と言うようなことを書いたけれど
その様に過ごせたことに今安堵している。
これもまわりの方々のアドバイスや励ましのお陰。
皆さんにはご心配をおかけして本当にすいませんでした。
またお話しできる日を楽しみに...行って参ります。

                              be
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-09-26 00:06 | ’04 秋に起こったこと | Comments(0)
二回目の採血
9/22、二回目の採血に行ってきた。
先週はかかった時間3分という驚異的な早さだったけど
今回はさすがにそうもいかなかったようで、12分で採血終了。
少しがっかりしている私に「これでも早いほうですよ」と看護師さんが言って下さった。(笑)
後はオペまでにまた元気な血液作りに励まなければ。

いよいよ26日(日)に入院だが
月曜日は大腿動脈からカテーテルを入れ脳のより詳しい検査をする。
これによって腫瘍の近くに太い血管がないかどうかを調べ、オペの方針が決まる。
検査自体は1時間ほどだが太い血管に太い針を入れるので
その後6時間ほど圧迫をしなければならずベッド上で安静にするのが結構大変らしい。
その間は誰かについてもらう方がいいとのことで岡山の妹に来てもらうことにした。

そして日曜からオペの日まで毎日
検査やオペの説明をうけ、承諾書を書いたりしなければならないので
桜のだんなに来てもらわなければならないらしい。
仕事の都合もつけてもらわなければならず
私もなりたくてなった病気じゃないけど、
家族には迷惑をかけているなぁと申し訳ない気持ち。


今日は何ヶ月も前から楽しみにしていた映画
「STANDING IN THE SHADOWS OF MOTOWN-永遠のモータウン」
を見に行ってきた。
ぎりぎり間に合ったのはよいけれど
発券の機械のところで「これから後の人は立ち見ですー」と言っている。
立ち見とは辛いがここまで来てしまったものはしょうがないと思い中へはいると
案内の人が一番前の席なら開いているというので立つよりましとずんずん前へ。
かなり不自然な姿勢での二時間...だったが、行ってよかったぁ。
黄金期のモータウンを支えた男達“ファンク・ブラザーズ”
私がソウルミュージックを聴き始めたあの頃の曲のバックは彼らの演奏だったということを
私はこの映画によって初めて知った。
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-09-23 22:40 | ’04 秋に起こったこと | Comments(3)
準備色々
明日は二回目の採血。いよいよ入院が迫ってきた。
準備の方はできているような...まだまだ残っているような...
家の中を見渡すと普段の無精がたたって気になるところだらけだ。
今日は台所まわりを掃除して、
扉や引き出しに調味料や食料の場所を書いたメモを貼った。
そして桜のだんなにベックの食事のことや家の中のことを細かくメモしてもらった。

新しい...というか仮のHPの表紙も出来上がった。
本格的に作り直すのはまだまだ先のことになりそうだが
これでひとまずほっとした。

今週中に映画「永遠のモータウン」も何とか見に行きたいのだが
時間がとれるかなぁ。

ここで突然話題は変わって...
地元ケーブルテレビのCMで“わんモップ”という
置いておけば勝手に動いてお掃除してくれる物を見た。
近くのお店で売っていたので見に行き、早速購入。
わんこの帽子の中に右の緑の玉を入れると
帽子の庇の下の部分に取り付けた不織布がホコリを拭き取ってくれるという仕組み。
ベックが居るとおもちゃと思ってボロボロにしそうなので
ベックが散歩に行っている時やってみた。
うーん、ホコリを吸い取るのではないのでものすごくきれいになるわけではないが
ベックの抜け毛が多い季節は便利かも。
b0025947_038552.jpg
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-09-22 00:36 | ANYTHING | Comments(2)
EW&F
9/9 (木) 大阪城ホール 19:00開演

01. Fall In Love With Me
02. Boogie Wonderland
03. System Of Survival (Maurice)
04. Jupiter (Maurice)
05. Getaway
06. Serpentine Fire
07. Kalimba Story (Maurice)
08. Evil (Maurice)
09. Got To Get You Into My Life (Maurice)
10. Running
11. Brazilin Rhyme (Interlude)
12. I'll Write A Song For You
13. After The Love Has Gone
14. Reasons
15. Devotion
16. Sing A Song
17. Shining Star
18. Fantasy
19. September (Maurice)
20. Let's Groove (Maurice)
21. Mighty Mighty (Maurice)

Enc. That's The Way Of The World (Maurice)

メンバー

Maurice White / Vocal/Kalimba
Philip Bailey / Vocal/Percussion
Verdine White / Bass
Ralph Johnson / Vocal/Percussion

Myron McKinley / Musical director
John Paris / Drums

Benjamin David Whitworth / Vocals/Percussion
Vadim Zilbershetein / Guitars
Gregory Moore / Guitars

=Earth Wind & Fire Horn Section=
Robert Burns, Jr. / Trumpet
Gary Bias / Sax
Reginald Young / Trombone

Charmaine Cousin / Background Vocals (off stage)
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-09-16 23:00 | SOUL MUSIC | Comments(0)
自己血輸血
9/15 (水)

自己血輸血の採血をするため2時半に病院へ行く。
400ccの採血というのは初めてなのでちゃんととれるかどうか少し心配。
始めに右腕で生理食塩水の点滴を始める。そして足首で血圧を測りながら、左腕からまず検査用の血液を少し採り、その後医師が来て採血を始める。10分くらいはかかるのだろうと思っていたらあっという間に200cc溜まり、400cc溜まるまでなんと3分しかかからなかった。看護師さん達もびっくりの早さだそうで、飲んでいた鉄剤がよく効いたらしい。いったん下がった血圧もすぐ元に戻り無事採血が終わる。この血液はオペまで冷蔵庫で保管するそうだ。血管も太くて探しやすいし優等生の血管と言われたが、これから重要になる血管だけに針を刺したところを壊さないように看護師さんが15分も圧迫してくれた。点滴が終わるまで30分ほど横になっていたがそれが終わる頃血液検査の結果が出た。結果はOK!万が一の時はこの血液が使えるということだ。
もし溜まるのが遅い時のためにと看護師さんがガーゼと包帯で作ってきてくれた手のひらに握る物も出番がないほどで「せっかく握り心地満点の“愛のにき゜にぎ”作ってきたのになぁ」と言われ、来週は使わせてもらうかもと感謝した。
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-09-16 14:56 | ’04 秋に起こったこと | Comments(13)
病院が決まった!
at 2004 09/08 15:29 編集

9/6 (月)
土曜日に前の病院でMRI画像を貸し出してもらい、それを持ってもう一軒の病院へ行く。ここは家から車で15分くらいのところにある総合病院。病院ランキングの書籍やネットで調べたところによると京都でも2番目に脳神経外科の手術数が多く、最新の設備もあるところだ。
昨夜中学時代の友人から電話をもらい、同じく私達の同級生が大阪でドクターをしているので何か手助けできることはないか連絡を取ってくれるとの申し出を受けた。今朝そのドクターとも電話で話すことが出来、これから私が行く病院なら大丈夫との言葉をもらい、気持ちは少し軽くなって出かける。
朝一番に行き、まずは血圧と左右の握力を計る。次に造影剤を点滴しながらCTを撮った。そして診察をしてもらったのはもう12時を過ぎていた。
院長先生の診察で、診断はやはり髄膜種で大きさは約3cm。CTの画像は腫瘍や血管がびっくりするほど鮮明に写っていて、CTよりMRIのほうが詳しく写ると思いこんでいた私は少しびっくりした。出来ている場所は右目の奥の骨に根本がついているらしい。頭蓋に近いところに出来ていると思っていたのは私の勘違い。腫瘍のそばに大きな血管が写っていて、手術(以下オペと書く)の際この血管を破らないよう気をつけることが重要だそう。腫瘍が大きくなるほど血管を巻き込むことになるのでなるべく早いオペが望ましいといわれた。
「一度帰って考えてこられてもいいですよ」といわれたが、もうすでに私の気持ちは決まっており、この病院でお願いすることにした。
診察が終わり看護師さんとオペの日程を決める段になって自己血輸血の話を聞くのを忘れていたことに気づく。
自己血輸血とはオペ前に自分の血液を採っておき、もし輸血が必要になった場合その血液を使ってもらうのだ。他人の血液を使う場合問題になるのは感染症(肝炎・エイズなど)とGVHD(移植片対宿主病-輸血した血液の白血球が患者を攻撃する反応)。もし大出血を起こし自己血だけでは足りない場合はもちろん日赤の血液も使うことになるだろうが、出来る限りのことはしておきたい。自己血輸血のことは以前開腹手術をしたときに得た知識で、その時は必要がないだろうと言うことで実行しなかったが、今回こんな形で役に立とうとは...。何でも勉強しておくものだなぁ。
午後から自己血輸血のことについてまた違う先生にお話を聞く。この病院では整形外科では自己血を使うことは時々あるが、脳神経外科で使うのは初めてだという。しかし「そういう時代ですから積極的に取り組んでいきたい」と自己血輸血を肯定的にとらえて下さる言葉に安心した。院長先生は正直話しにくい雰囲気だったが、この中堅の先生はとても質問しやすく、疑問に思っていることを色々と聞けた。
オペの日は29日。その前に大腿部付け根からカテーテルを入れて造影剤を使い脳血管撮影を行うため(これが結構しんどいらしい...)26日から入院となる。その前に一週間おきに400ccの血液を二回採血。今まで400ccもの血液を採ったことはないのでそんなに採ってオペまでに体力が回復するだろうかと少し心配だが、鉄剤の飲み薬と増血剤の注射で補うそうだ。私に出来るのは血液を増やす食品をとり、よく寝て体力をつけること。
最後に入院・オペに関する説明をしてくれた看護師さんもとても優しく頼りになる方で、メンタル面や経済的な心配まで心配りをして下さり、この病院に安心して任せられるという確信をいっそう強く持った。
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-09-16 14:35 | ’04 秋に起こったこと | Comments(0)
脳が...?!part 2

at 2004 09/04 16:04 編集

9/3
脳神経外科を受診。
若い先生の日で、昨日撮った画像を見ながらやはり右脳に腫れがあるので午後から造影剤を使ってもう少し詳しいMRIを撮りたいとのこと。いったん家に帰り正午に出直す。
始めに10分ほど機械の中に入り、途中点滴で静脈から造影剤を入れ再び機械の中に15分ほど入る。
画像は至急にしてもらい今度は院長先生からお話を聞く。先生が始めにメモに書かれた文字は“脳腫瘍”という文字。初めてMRIの画像を見たときから頭の隅になかったとは言えない言葉だったが、やっぱりそうだったの?と言うかまさかと言うか...
画像を診断する限りでは正確に言うと脳から発生している腫瘍ではなく、脳を覆っている髄膜から発生している“髄膜種”らしい。出来ている場所と、先生の勘と経験から言うと良性の可能性が高いが、直径が約3cmあり右脳が腫れていて左脳を圧迫している状態なので、外科的手術で取り除く方がよいとのこと。何度もものが二重に見えないか、頭痛がしないか等聞かれたが私には自覚症状は何もなく、今回見つかったのは本当に偶然のことだった。
脳が腫れていると痙攣を起こす可能性があるので軽い痙攣止めのお薬を処方してもらい帰る。
家人と色々相談したが、以前も入院したことがある今の病院は家からも近いし慣れているので精神的には楽だが、場所が脳であるだけに少し不安があり、他の病院でセカンドオピニオンを受けようということになった。
 
9/4
病院へ行きMRI画像の貸し出しをしてもらう。
月曜日にはどこかへ行ってみるつもりだがそれをどこにするか...。友達にも医療関係の知り合いに聞いてもらったり、インターネットで脳神経外科の手術数が多い病院を探してみたりしているがまだ決まっていない。

仮に良性のものだとすれば、おそらく今まで十年以上かかって大きくなったものだろうから、今日明日にどうにかしなければならない物ではないが、手術はなるべく小さいうちにする方がよいので、ゆっくり考えてはいられないようだ。

昨日は色んなことが脳裏に浮かんだり消えたり。夜寝るまで考えているようなぼーっとしているような時間を過ごしたが、今日は友達に話を聞いてもらったりしているうちに少しずつ落ち着いてきたような気もする。脳幹に近い部分の手術と違い側頭部に近いのでそう難しい手術ではないと言われたし、なにより「脳腫瘍」という響きから最初は少なからずショックを受けたが、かなりの確率で良性であると言われ少し安心した。
別の病院へ行くのはエネルギーがいるが、頑張るぞー!(^^v
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-09-16 14:34 | ’04 秋に起こったこと | Comments(0)
脳が...?!

at 2004 09/02 19:51 編集

8/27
前日左目に靄がかかっているように見えにくく、夜鏡で目を見てみると左の瞳孔だけが大きくなっていたので眼科を受診した。
視力、眼圧、散憧検査をするが器質的な異常は何もなかった。そのほかに考えられることとしては、脳に血腫などが出来ていて目の神経を圧迫している。又は糖尿病。そして一過性のものがあるので、年齢的には可能性は低いが一応脳のMRI検査をすることになった。

8/30
MRIを受ける。
15分ほどで終わりますのでと言われたが、体を筒の中に入れられ周りでは何種類もの大きな共鳴音が聞こえるなか、予想以上に長く感じられた。
検査の結果は3.4日後と言われたのに、眼科の先生から結果が早く出て場合によっては脳神経外科の先生にも見てもらう方がよいので早めに来て欲しいとのこと。先生はまだ画像を見ていないとおっしゃったが、わざわざ電話をかけてこられたということに少し不安を感じた。
その後左目の異常は起こっていない。

9/2
眼科を受診。
視野の検査と目の筋肉の動きを見る検査は共に異常なし。
MRI画像を見ながら話を聞く。
左目付近の神経に異常は認められず、瞳孔が大きくなるのもその後起こってないことからしばらく様子を見ていこうということになる。
しかし、そのこととは別に(内心ドキリ...落ち着いて!と自分に言い聞かせる)右の脳が腫れているとおっしゃるのだ。見せてもらった画像には、左右対称でなければならないはずなのに右の脳が左の方へはみ出しているのが素人目にもはっきりと写っている。そしてまた別の画像には左にはない白い丸い部分が右側にだけ写っていた。
もっと詳しいことを聞きたかったが、脳のことに関しては眼科の先生に聞くより脳神経外科の専門だと思いぐっとこらえる。ところが今日は混んでいて時間が遅くなったので、脳神経外科は明日以降に受診してくれといわれ、結局詳しいことは何も聞けないまま帰ってきた。脳神経外科の方にも見てもらうために指定された時間に行ったのに!
...でも、今は怒りより早く詳しいことを知りたい!でも、左目がおかしくて行ったのにこんなことになるなんて、偶然見つかって良かったってこと?
なんなのさ!脳が腫れてるって!!
とりあえず明日脳神経外科を受診する予定。
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-09-16 14:33 | ’04 秋に起こったこと | Comments(0)
テスト
携帯からです
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-09-13 19:43 | ANYTHING | Comments(0)
てすと
b0025947_16123646.jpg

Blogを作ってみた。

テスト中
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2004-09-13 16:11 | Comments(1)
| ページトップ |