Top

愛犬beckとの毎日・ソウルミュージック・陶芸・お庭...             管理人 be☆び
by ettasmokey
MENU & LINK
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本家HP
  “QUIET STORM ”

   ◇TOP PAGE◇ 
 

ふぉと掲示板
MY SWEET SOUL
『RAM JAM Life』 ~土と遊ぶ
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




いつでも里親募集中





《LINK》

NHKネットラジオらじる★らじる
洛西陶芸教室
陶芸用語集
花図鑑

最新の記事
沖縄二日目
at 2017-08-08 23:02
沖縄1日目
at 2017-06-07 18:28
ありがとう、ベック
at 2017-03-02 15:27
ご無沙汰しています
at 2016-10-23 19:57
小豆島2日目
at 2015-10-22 23:57
外部リンク
フォロー中のブログ
Kenny's Musi...
てるみん陶工房
わたしのスィートミュージック
器・UTSUWA&陶芸blog
そ よ 風 散 歩
しょ~ちゃん と おっと...
♪♪ミヤコのサロン♪♪
クイイジーヌmintot...
サイママ日記
パンの木ぷらす~備忘録
空が好き!
器が好き (パンも大好き)
◆うえるかむ♪はなちゃん'S◆
二匹とふたり
サクラちゃんの日記
3×ビーグル!!!
私のちいさな家族達へ
MI-CHIN'S BLOG
天・心・RUN・MINE
HANA はな OHANA
日々メモ(音楽篇)
食卓の風・・・
森の暮らし  たいまぐら便り
♪happyがいっぱい♪...
手の先の事徒然に
あお空ダイアリー
■工房 YUSA
駅風呂やめました本舗
みかんとまろんのお馬鹿な...
わんぱく歓とおとぼけママ...
Happy everyday
愛犬とおでかけし隊!
舞ときらりと琴
陶工房 八朔日記
うれしいの素
.。.:*・゚ご飯が大好...
たっちゃん手控帳でござんす
ぼちぼち生活②
幸せとともに
Trimming
岡山・Go Go グルメ隊!!
Animal Skin ...
ややコロ日記
chez-kina
ごはんの時間 ++気まぐ...
雲母(KIRA)の舟に乗って
麻生圭子 水辺の家で猫と...
カテゴリ
全体
BECK
山歩き・川遊び
おでかけ
自然
SOUL MUSIC

日々の出来事
ランチ
オフ会
陶芸
’04 秋に起こったこと
岡山
ANYTHING
スキン編集用画像
旅行
未分類
ライフログ
我われは犬である
SOUL !
タグ
(35)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
検索
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 03月
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"WD-succulent1" Skin by Animal Skin
<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
師走いろいろ その2

■12月20日(日) 金蔵寺へ

すごく寒い日でした。
曇りがちだし年末だし、遠くへ出かけるのもなぁってことで近所のお山へ。
金蔵寺はモミジがきれいなことで有名なお寺ですが、
その時期は一眼を持った親父カメラマンが平日でも多いと聞いていたので
完璧にシーズンが終わったこの日に行ってみることにしました。
車道を通っても登れるのですが、やっぱりベックが喜ぶ山道を登って行きます。

b0025947_2221033.jpg


b0025947_2284513.jpg

30分ほどで到着。

b0025947_2294140.jpg

ベックのおうちも真下に見えるねぇ。

b0025947_22103574.jpg

このお寺、それほど有名ではありませんが前述のように紅葉シーズンにはけっこうな人出があるそうです。
なのに...随分前に来たときもさびれた雰囲気のところだなと感じたのですが
この日も、本堂の裏に回るとこんな物が野晒しにされています。

b0025947_22142186.jpg

b0025947_22144161.jpg


お陰で木工細工が近くで見られたけど...
山門には志納金200円の箱が置かれているだけで自由に入れるので
市内の拝観料と比べると安いし、修復はなかなか難しいのでしょうか。
金蔵寺を後にする時、雪が降ってきました。
初雪だぁ。

金蔵寺からもう少し歩いて産の滝へ。
滝の写真が上手く撮れなかったけど、蔓にぐるぐる巻き付かれて一体化してしまった
こんな木がありました。

b0025947_22263666.jpg

昔読んだ宮本輝の「森の中の海」に蔓植物が他の木に取りつき養分を吸いながら絞め殺していく
というような表現があったことを思い出しました。
最初はこんな風に巻き付いていくんだろうね。

b0025947_22341772.jpg




b0025947_22391824.jpg

[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2009-12-31 21:55 | ANYTHING | Comments(0)
'09 師走いろいろ その1

これを書いてる現在、年はとっくに明けてるわけですが...
12月も前半はちょこっと遊びに行ったのよ~。

■ 12月6日(日) 摂津峡ハイキング → 淀川河川敷公園

摂津峡の清流沿いに歩きます。

b0025947_1932546.jpg

b0025947_1935225.jpg


紅葉も終わって静かな山歩きを一時間ほど楽しみました。

b0025947_19362460.jpg

b0025947_19365399.jpg


時間も早かったので次は久しぶりに淀川河川敷公園へ。

b0025947_193998.jpg
b0025947_19395337.jpg



■ 12月13日(日) 伏見

伝統ある酒蔵と歴史を感じさせる町並み、伏見をぶらぶら散歩。
十石船の水路です。
十石船は乗船することもできるそうですが、この時期はもうやっていないのか
ブルーシートがかかっていました。

b0025947_1952382.jpg


十石船乗り場近くにかわいい山門のお寺がありました。
入ってないけど、なんとなく気に入って写真を撮ったのですが
帰って調べてみると長建寺というお寺で、
この山門は「通るだけでも福が来る」と言われているんですって。

b0025947_2032711.jpg


水路から見た月桂冠大蔵記念館。立派で風情がありますね。
数年前友達と来て、利き酒しました~

b0025947_19581115.jpg


b0025947_19592394.jpg


これは美味しくて有名な焼鳥屋さん「鳥せい」の塀ですが、
大蔵酒造の建物にも小さな窓がたくさんついていました...美しい。
これは冷たい風を蔵の中に取り込むために設けられたものだそうです。

b0025947_206217.jpg


次は伏見桃山城へ。
昔伏見桃山キャッスルランドがあって、幼かった甥や姪を連れて遊びに来たなぁ。
今は静かでわんこの散歩をしてる方が多かったです。

b0025947_20173965.jpg

b0025947_20181413.jpg

b0025947_2018472.jpg



■ 12月16日(水) イルミネーション at 京都駅~新風館

RUNさんと一緒に今年は京都駅のクリスマスツリーを見に行ってきました。

b0025947_22233428.jpg


b0025947_22251552.jpg


b0025947_222549100.jpg


地下鉄に乗って新風館へ。

b0025947_22315695.jpg



12月前半を駆け足で綴ってみました。
後半へ続きます。
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2009-12-31 19:10 | ANYTHING | Comments(8)
霜月いろいろ
11/15(日)  亀岡駅 → 牛松山

保津川下りの始点、JR嵯峨野線亀岡駅の乗船場です。
お昼のお弁当を食べる場所を探してドライブしていたのですが
保津川下りの舟をトラックから下ろしているのが見えて暫く見学しました。
亀岡から保津峡の渓谷美を眺めながら嵐山まで川下りをする保津川下り。
私は乗ったことはありませんが、大人気です。
嵐山に着いた舟はトラックに3隻を重ねて載せ、国道9号線を亀岡まで運ばれます。
うちは9号線のすぐ近くなのでこのトラックはしょっちゅう見ます。
そして船頭さん達はJRに乗って帰られるそうです。
(へぇ~そうなんだぁ。今回調べてみて初めて知りました。)

b0025947_19443031.jpg


さぁて、この日は何の計画も立てずぶらっと出かけたので行き当たりばったり。
以前お花見に来た七谷川から続く和らぎの道を歩いてみましょう。

b0025947_19572596.jpg


座らされてる感たっぷり漂うベックさん。
b0025947_19574963.jpg

途中「牛松山」への登り口があったので軽く登ってみることに~

b0025947_19564016.jpg


b0025947_19582720.jpg


途中まで登ったのですが、眺望もよくなくあんまり気分が乗らないので頂上まで行かず下山。



11/22(日 ) 筱見(ささみ)四十八滝


多紀連山県立自然公園筱見四十八滝へ行ってきました。
ここは多紀アルプス縦走路の東ルートの出発点としても知られているそうです。
四十八滝といっても48の滝があるわけではなく、
しじゅう枯れることのない滝が8つあるのだそうです。
周回コースを歩いてみたいところですが、案内図によると「クサリ」「急な坂道」が途中にある...
おもしろそうだけど、今日はやめとこっ。
弁天滝から行けるところまで行ってみることにしました。

b0025947_1937219.jpg


ここはもみじが多いみたいだけど紅葉ももうすっかり終わってます。
盛りの時はきれいだったろうなぁ。

b0025947_1929112.jpg


b0025947_19293398.jpg


途中こんな木の根っこを登る道もありました。
ベックは余裕でピョンピョンと~

b0025947_19532454.jpg


b0025947_19295221.jpg


b0025947_19321819.jpg

落差33mの壮観な長滝

b0025947_19304372.jpg


b0025947_195205.jpg

マイナスイオンが降り注ぐターキーブリッジから長滝を見上げるベック。
(ターキーブリッジって...洒落?)

b0025947_19552970.jpg


体力的にはまだまだ行けそうだったのですが、
この先クサリがあってちょっと厳しそうなので本日はここまでです。

b0025947_2052761.jpg


b0025947_206730.jpg


b0025947_2063137.jpg


b0025947_2065310.jpg



帰りに丹波自然運動公園へ。夕焼け~

b0025947_2017667.jpg



11/26 新林池公園の紅葉

b0025947_20251779.jpg


b0025947_20255218.jpg


b0025947_2026945.jpg


b0025947_20262999.jpg



11月、紅葉がきれいなんだろうな~と思いながらも人の多いところや渋滞は避けたいと考えるとなかなか遠出できず、今年はきれいな時期を逃してしまいました。
でも、モミジが散っていようが寒かろうが、山へ行けばベックの足取りは軽くとっても嬉しそうに駆け回り、それを見ているだけで私達まで嬉しくなってきます。

最近食欲旺盛なベック。といっても毎日フードは計っているので「残さない」ということなのですが、その残さないことがベックとしては珍しいこと。この前体重を計ってみたら10kgジャスト!うっわー、今までで最高体重だ!!!(ずっと長い間9.6kgでした)でも冬は本能的に脂肪を蓄えるっていうから、ちょっとくらいいいよね。(室内犬だけど...)

b0025947_20265564.jpg

[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2009-12-20 19:42 | おでかけ | Comments(10)
天空の城
11月8日(日)
関西の方ならテレビCM「和田山竹田家~具♪」でお耳馴染みの
兵庫県朝来市和田山町の『竹田城址』へ行ってきました。
何年も前から雲海が見てみたいと家人と話しているのですが
それには前日夜中に出発しないと無理だとか、お天気やその他の条件が揃わないと~とか
いざ今年は絶対に行くぞーと楽しみにして色々調べてみると
有名なところは早朝にもかかわらずかなりの数のカメラマン、車が予想され
ベックを連れて行くのは無理があるか...と、結局ここ竹田城址でも雲海が見られるのですが
それは諦めて、まずは日中に一度訪れてみることにしました。
京都縦貫道に乗って亀岡にさしかかると、おぉこんなところで雲海を見られるなんて~
んなわけないか...これは亀岡盆地名物の“霧”ね。

b0025947_1541799.jpg

今日はどこに行くのかなぁ?わくわくのベックさんです。

b0025947_15483883.jpg


駐車場から城址までは“花屋敷”へ登る短いルートと“北千畳”へ登る地図上では長いルートがあるのですが、短い方は急な山道って書いてあり、北千畳へのアスファルトの道を登ることにしました。
結果これで正解だったことが帰りに分かることになります。
帰りに花屋敷から下っていたら登ってこられる方みんなが息も絶え絶え、文句タラタラだったから...^^;

今回写真がとっても多いですが、おつきあいくださいませ。

b0025947_15542734.jpg


b0025947_1671491.jpg


映画「天と地と」のロケ地として全国的に話題になった竹田城は
虎が臥せているように見えることから、別名虎臥城(とらふすじょう、こがじょう)とも呼ばれ
関ヶ原の戦いの後、廃城から約400年を経ても石垣がほぼそのままの状態で残っており、
現存する山城遺構として日本屈指の規模だそうです。

結局南千畳の辺りから入れる道を見つけ...というかあれは道だったのかな。
勝手にショートカットしたのかもしれませんが、まっ取り敢えず登り着いたところは...
壮大な中世山城の遺構でした。

b0025947_19305249.jpg


b0025947_19385258.jpg


b0025947_19453176.jpg


ベックを下から撮っていると話し声が聞こえてきました。
「このわんちゃんは何という種類ですか?」(これはよく聞かれるんです...)
「いや~向こうから見ていると狼みたいに見えて、この場所にあまりにもぴったりだと思って」
そして降りてこられ、写真を撮っている私の後ろでも「うわ~、かっこええなぁ」と言って下さるので
振り返ってご挨拶すると、そのご夫婦(カップル?)の男性はまるでデューク更家さんのような方でした。^^

b0025947_19544035.jpg


天守台に上るには梯子を登らなくてはなりません。
しかも作りつけじゃなくて立てかけてあるだけの梯子...
私はなんとか大丈夫だけど、ベックはどうする?
ここまで来たんだから登らな損損!家人が抱っこして登りましたよ~。
本丸天守台から南千畳を臨む

b0025947_20113324.jpg


b0025947_20124097.jpg

うわっ、写真で見るとめっちゃ怖い~。けどその場にいるとそうでもないのですよ。
絶景です!

b0025947_14541112.jpg

小さな子供さんを二人連れた若いご夫婦がおられて奥様がご主人に
「○○君、良かったなぁ。やっと来られたね。」と声を掛けられ
ご主人は感慨無量といった雰囲気でした。

b0025947_1614228.jpg


b0025947_1614465.jpg


b0025947_16185450.jpg


b0025947_16192125.jpg

この竹田城の石垣は加工を施さない自然石をそのまま積んだもので隙間が多く粗雑に見えますが、水はけが良く崩れを防ぎ、復元ヶ所も一部あるそうですがほとんどが当時のそのまま姿で味わいがあります。
積み上げるには15年の歳月がかかり、普請にかり出された農民は「田に松が生えた」ほどの困窮に陥ったとか。
“兵どもが夢の後”...城の姿が残っているより、この累々たる石垣から歴史の重みが感じられます。

b0025947_1626521.jpg


b0025947_1626311.jpg


b0025947_16265162.jpg


b0025947_16271192.jpg


b0025947_16273172.jpg


b0025947_16275417.jpg


石垣石垣石垣~ばっかり見てもらってすびばせん。
でもね、ほんとに凄いところだった。伝わったでしょうか~?

さて次は向かいの山から竹田城を見るため朝来山(あさごやま)の立雲峡へ登ってみます。
途中迷って入った道に紅葉の並木がありました。

b0025947_17463045.jpg

立雲峡は朝来山の中腹にあり但馬の吉野とも称される桜の名所です。
駐車場に真っ赤なもみじが2本ありました。

b0025947_17493527.jpg


b0025947_17495740.jpg

あまり上までは登りませんでしたが、立雲峡から見た城址です。
まさに天空の城ですね。

b0025947_17511963.jpg


◎ ウルフドッグ
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2009-12-02 00:09 | 山歩き・川遊び | Comments(14)
| ページトップ |