「ほっ」と。キャンペーン
Top

愛犬beckとの毎日・ソウルミュージック・陶芸・お庭...             管理人 be☆び
by ettasmokey
MENU & LINK
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本家HP
  “QUIET STORM ”

   ◇TOP PAGE◇ 
 

ふぉと掲示板
MY SWEET SOUL
『RAM JAM Life』 ~土と遊ぶ
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




いつでも里親募集中





《LINK》

NHKネットラジオらじる★らじる
洛西陶芸教室
陶芸用語集
花図鑑

最新の記事
ご無沙汰しています
at 2016-10-23 19:57
小豆島2日目
at 2015-10-22 23:57
小豆島
at 2015-08-31 16:54
富士山
at 2015-02-19 23:08
2015年 明けました♪ 降..
at 2015-01-09 13:23
外部リンク
お気に入りブログ
Kenny's Musi...
てるみん陶工房
わたしのスィートミュージック
器・UTSUWA&陶芸blog
そ よ 風 散 歩
しょ~ちゃん と おっと...
♪♪ミヤコのサロン♪♪
クイイジーヌmintot...
サイママ日記
パンの木ぷらす~備忘録
空が好き!
器が好き (パンも大好き)
◆うえるかむ♪はなちゃん'S◆
二匹とふたり
サクラちゃんの日記
3×ビーグル!!!
私のちいさな家族達へ
MI-CHIN'S BLOG
天・心・RUN・MINE
HANA はな OHANA
日々メモ(音楽篇)
食卓の風・・・
森の暮らし  たいまぐら便り
♪happyがいっぱい♪...
手の先の事徒然に
あお空ダイアリー
■工房 YUSA
駅風呂やめました本舗
みかんとまろんのお馬鹿な...
わんぱく歓とおとぼけママ...
Happy everyday
愛犬とおでかけし隊!
舞ときらりと琴
陶工房 八朔日記
うれしいの素
.。.:*・゚ご飯が大好...
たっちゃん手控帳でござんす
ぼちぼち生活②
幸せとともに
Trimming
岡山・Go Go グルメ隊!!
Animal Skin ...
ややコロ日記
chez-kina
ごはんの時間 ++気まぐ...
雲母(KIRA)の舟に乗って
麻生圭子 水辺の家で猫と...
カテゴリ
全体
BECK
山歩き・川遊び
おでかけ
自然
SOUL MUSIC

日々の出来事
ランチ
オフ会
陶芸
’04 秋に起こったこと
岡山
ANYTHING
スキン編集用画像
旅行
未分類
ライフログ
我われは犬である
SOUL !
タグ
(35)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
検索
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"WD-succulent1" Skin by Animal Skin
タグ:奈良 ( 8 ) タグの人気記事
Top▲ |
なかやちよの森と曽爾
またまたお久しぶりの更新で季節はもうすっかり秋。

さて、先月末をもって、5年間勤めた会社を退職しました。
といっても10月は公休と有休消化で一日も出勤してないから
この一ヶ月はずーっとのんびり気ままに一日をゆったりと過ごしていました。
音楽聞いて、本読んで、ゲームして、陶芸を復活、筋トレも頑張る、草もむしる、家の中所々を集中的に整理。
だけどこの家に引っ越してきて13年、仕事を始めてから5年間の積もり積もった怠惰の産物は
「時々気が向いたら頑張る!」程度のことではとてもとても,,,

ま、そういうことで、いつもの通り遅れ遅れのブログですが6月のことなど記録としてアップしておきます。


6/2 兵庫の「なかやちよの森」

最近何年もちょっときつい山登りはしてないしもう自信がないけど
これくらいの自然公園が距離的・気分的に楽ですね。

b0025947_10354291.jpg




b0025947_10395690.jpg




6/9 曽爾高原


曽爾高原は奈良県と三重県の県境に位置した国立公園です。
秋になると一面のススキで有名なところで、何年か前に来た記憶は確かにあるのですが
自ブログを検索しても出てこないってことはそれ以前に行ったのかなぁ。
ススキの季節はきっと人が多くてベックを連れて行くのは厳しいだろうからと緑の季節に行くことに。

それはそれは素晴らしい自然に胸を打たれ、ベックの嬉しそうな顔を見ながら歩いて来ました。



b0025947_10534023.jpg



さあ、行くよ~♪

b0025947_1101643.jpg




b0025947_1114163.jpg




b0025947_1162495.jpg




b0025947_11239100.jpg



下の道が歩いて来た道

b0025947_117949.jpg



これから行く道

b0025947_1195169.jpg



b0025947_11135110.jpg



b0025947_11144972.jpg



b0025947_1105356.jpg



b0025947_11155395.jpg




帰りに「済浄坊の滝」

ここは曽爾高原から約5㎞。

b0025947_11223041.jpg




車を停めたところから10分くらい歩くと下の滝に着きました。

b0025947_11343840.jpg



そこから数分歩いて上の滝。
水量が少なくちょっと迫力がないのが残念~

b0025947_11333747.jpg



葉が真っ白に抜けているのはなんなんでしょうね?
b0025947_11354825.jpg



この辺りは奥香落や名張の赤目四十八滝などいいところがたくさん。
赤目も久しぶりに行ってみたいなぁ。
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2013-11-09 11:56 | 山歩き・川遊び | Comments(11)
吉野へ
今新聞のチラシや広告を見ていると安くてお得そうなツアーがいっぱい載ってますよね。
海の幸や果物食べ放題とかお花畑とかミステリーツアーとか魅力的な文字が目を引きつけます。
でも乗り物酔いしやすい私。特にバスは苦手です。
子供時代、学校行事の遠足や修学旅行でもあんまりいい思い出がありません。
六甲山へ林間学校に行ったときは山道で酔いまくり、着いたときには半病人。
ぶっ倒れて集合写真にも呼んで貰えず,,,涙
帰りはもう一人すごく酔ったT君と二人で電車で帰った記憶があります。
バスの排気ガスの臭いだけで気分が悪くなることもあるしね~。
スーパーの抽選で当たった日帰りバス旅行も行かなかったし
バスツアーに行こうなんて考えたこともなかったのですが,,,

わん友さんからのお誘いで奈良の吉野へお花見バスツアーに行くことになりました。
決まってからネットで調べたよく効く酔い止め薬など購入し、当日を迎えたのでした。

4月10日(水)

一緒に行ったのはRUNさん、おば関ちゃん、ma-saちゃん。
今年は桜の開花がとても早く、近畿圏の桜はもうとっくに散ってしまっていましたが
吉野は下・中・上千本のうちどこかが残っているだろうという期待の元
朝ちゃんと酔い止め薬を飲んで、バスの中では楽しいおしゃべりにも寄らず
ただひたすら寝る作戦で、無事気分よく吉野到着。

駐車場は中千本ですが、きっと咲いてあるであろう上千本目指してここからは山登りです。
ところが、やっぱりねぇ~もう終わってました。

b0025947_14522913.jpg


それでもお土産店を冷やかしながら、もうちょっと上まで、もうちょっと,,,
バスを降りたとき手渡されたお弁当がビニール袋の中で斜めになるのを気にしながら歩きました。


b0025947_1457927.jpg


A が登り口。この時期でもけっこうたくさんの人が来られてます。
B 柴わんこがいるとみんなで囲んでもれなく写真撮影~。
C 枝垂れはまだかろうじて咲いてた。
D 一目千本、これが満開だったらさぞきれいだろうねぇ。
E この看板を入れて景色を撮りたかったのにここに三脚立ててずっと居座ってるお兄さんがいて断念。
F 木彫りわんこでさえ撮影~。
G 最初から帰りには食べようと決めてた桜の花の塩漬けが入った桜ソフト。吉野葛も入ってるんだそうです。
ほんのり塩味ですごく美味しかった~♪


b0025947_1585818.jpg



b0025947_1592433.jpg



金峯山寺(きんぷせんじ)ではホラ貝を吹く修験者さん達にタイミングよく出会いました。


b0025947_1594596.jpg


修験道とは  金峯山寺HPより

日本古来の山岳信仰に、神道や外来思想の仏教・道教などが混合して成立した、我が国独特の民族宗教であると位置づけられていますが、その中心は実践性にあります。修行得験とか実修実験とか表現されるように、深山幽谷に分け入って、命がけの修行をし、霊力、験力を開発する道と言えます。
修験道の開祖として尊崇される役行者に「修行は難苦をもって第一とす。身の苦によって心乱れざれば証果自ずから至る」という聖句が伝えられていますが、修験道は自ら修して、自らその験しを得るところに真髄があるのです。修するとは、役行者の教えの道を修するのであり、験しを得るとは、単に験力 や神仏の加護を獲得するではなく、究極は自らの心の高まり(菩提心)を得ることに他なりません。自らの身体でもってそれぞれに体験し、その精神を高めていくというあり方は、ある種、万人に向いた親切な教えであると言えるでしょう。
加えて、役行者は終生を在家のまま通されたことから、「役優婆塞(エンノウバソク)」と呼ばれますが、修験道は開祖の遺風に拠って、在家主義を貫いています。優婆塞とは在家の信仰者ということです。つまり真俗一貫、在家の生活を守ったまま、仏道に叶う生き方を見つけていく、自らを高めていく、ここに修験道の真骨頂があります。


男性もおられましたが、ほとんどが女性でこの方達がみんな厳しい修行をしておられるのかと驚きました。


b0025947_1537068.jpg



お土産は柿の葉寿司ともちろん葛餅。
帰りのバスではまた寝ていようと思ったのですが、おば関ちゃんと話が弾んで気づいたらもう京都。
酔い止め薬を飲んだのは小学校以来ですが、暗示効果もあってかよく効いて、
こんな調子だったらこれからバスツアーもありかな。
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2013-07-01 15:50 | おでかけ | Comments(4)
矢田・清滝・クリパとありがとう♪ 
なかなか更新できませんね。
12月中に頑張ってもう一つはアップしようと思ってたけど、
12月も中旬に入ると気忙しくなり、何も出来ないまま年末年始の商戦に突入してしまいました。
忙しいと頑張る質なのですが、何故か昨年末は気分が停滞していて、そのせいか体調まで思わしくない。
たいした原因も思い当たらないのになんだろなぁ~と鬱々したまま忙しさに紛れ
まぁその内元気になるさ!と思っていたら、年が明けたらほんとにすっきりしてた。
体も気持ちも少し軽くなった気がします。
この「気がする」ってのが大事なんだよね~(o^-')b

あ、とっくに年は明けてしまいましたが、本年も気まぐれ更新の拙ブログをよろしくお願いします。

と言うことで昨年の出来事をさらさらっと,,,いやそれでも一回では済まへんねんけどね(^-^;)




☆11月24日(日)  ちょっと遅いけどまだ紅葉が見られるかな~と奈良まで行ってきました。



b0025947_19321850.jpg


「ちはやふる 神代も聞かず 竜田川 唐紅に 水くくるとは」 (在原業平) の竜田川です。
紅葉で有名なところらしいですが、ベックと一緒に歩くにはちょっと物足りなかったので
次は「矢田山遊びの森」へ車を走らせました。

アヒルのデートが可愛いでしょ。

b0025947_1932434.jpg



b0025947_193311.jpg



b0025947_19333487.jpg



b0025947_19335144.jpg



b0025947_1934430.jpg



b0025947_19341629.jpg




☆12月2日(日)  今年最後の清滝。

愛宕山頂にはうっすら積雪が。
桂川沿いに走りながら嵐山の紅葉を愛で。

b0025947_19364277.jpg


b0025947_19401563.jpg

いつものことながら、この透明度の高い水の色に癒やされます。
こんなに寒くて水も冷たいのに、お父さんが投げた石を取るのに水に顔を突っ込むベック。

b0025947_194138100.jpg



b0025947_1940307.jpg



b0025947_1940469.jpg



b0025947_1941128.jpg



b0025947_1941228.jpg




☆12月5日(水)  Xmasパーティー

RUNさん、おば関ちゃん、サイママちゃん、ma-saちゃんと恒例クリパ。
ちょっと早めに着いたので新風館のイルミネーションを見て、
ご飯の前に和んこ堂さんへ寄ってみました。

b0025947_19493020.jpg


ma-saちゃんご推奨の南インド料理のケララへ。
このお店は入るのは初めてなのですが私が京都に来た頃からあったような気がします。
というのは京都に来て一年目は仁和寺の近くに住んでいたので
バイトの時はいつも市バス59番に乗ってこのお店の前や向かいのバス停で乗降してたんだよね。
インド料理って珍しかったし記憶にあります。


b0025947_19495227.jpg


メニューを見ても私には何のことやらさっぱり分からないので、ここはma-saちゃんとおば関ちゃんにお任せ。
アラカルトで何品か頼み、みんなで分け分け~。
カレー三種類、ほんのり甘いフルーツのカレーとお豆腐のカレー、ほうれん草のカレー。
私はほうれん草のカレーが美味しかったな。
ミックスグリル、サモサ。サモサの向こう側にあるソースを付けて食べるとスパイシーで美味しかった~♪
パンは4種類(ロティ・ナン・チャバティ)後一種類はパラタやったんかクルチャやったんかわっかりませーん(-"-)
お飲み物はマンゴーラッシー。

お腹いっぱいになったら次は甘いもの~と向かったのはキルフェボン。
だけどもう閉店してました。残念!
ゆっくり出来そうなお店を探して三条の京はやしやへ。
さてさてお待ちかねのプレゼント交換ですよ~。
ma-sa画伯の作ったあみだくじであれほど大笑いするとは思わへんかったけど、
しまったぁ~あのあみだとっとけばよかったなぁ。
あんなシュールなあみだくじ、初めて見た。
よしっ、今年のあみだもma-saちゃんに作ってもらお。そしてお見せしましょう。



b0025947_19501815.jpg



でね、私はそのma-saちゃんのプレゼントをゲット。
おふらんすのかほりするスパイスとお塩とコンフィチュールですよ~。
黒胡椒とお塩の入ったエッフェル塔はセットじゃなくて、別々のところで見つけたんだって。
私はスパイスや各地の変わったお塩大好きなのでとても嬉しい♪

それからRUNさんからは和んこ堂のクリアケース。
サイママちゃんからはカレンダーやパウマークのミニバックや磁石やアクリルたわし。
パウ磁石に興味津々のベックです。
おば関ちゃんからは盲導犬協会「富士ハーネス」のグッズ。
うんP袋らしいけど、こんな可愛いの使うのは勿体ないよね~。
いっぱいお土産いただいてありがとう~。
手ぶらで行った私、ごめんねぇ。



b0025947_1951385.jpg

そして、ご紹介とお礼が遅れてほんとにごめんなさい。
今年は仲良しの友達が二人もパリ旅行へ行かれたんですよ~羨ましい。
そしてお土産をいただきました。chobiponちゃん、ma-saちゃんありがとう。
ブログでも素晴らしい写真に感動し、数々のエピソードにはクスッと笑ったりひやひやしたり。
日本に居ながらにして楽しませてもらいました。


b0025947_19515224.jpg


[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2013-01-13 19:54 | おでかけ | Comments(6)
室生 竜鎮渓谷
7月29日 『室生 竜鎮渓谷』


渓谷の入り口に小さな橋があり、そこには既に車が止まっていたのでもう少し先に行った山道に止めて歩き始めました。
すぐに左手に龍鎮神社の鳥居が見えてきて、
この下に綺麗な滝が見えていますが、それは後の楽しみにして渓谷沿いの山道を室生寺方向に歩きます。


b0025947_1145178.jpg


大きな岩がごろごろ

b0025947_1152127.jpg




b0025947_117486.jpg


杉の木の上の方になんかくっついてる。
大きな蜂の巣?!と思ってカメラをズームすると,,,木の瘤。
こんなの初めて見た。

b0025947_1175433.jpg



竜鎮の滝まで帰ってきました。
鳥居をくぐって降りていくとエメラルドグリーンの滝壺が目に飛び込んできます。

b0025947_1150277.jpg


滝は一枚岩に三カ所の滝壺を造りながら緩やかに流れています。

上から


b0025947_11594021.jpg




b0025947_1183135.jpg




b0025947_1184446.jpg



わんこも遊びに来てたよ。
↑上の最後の滝壺を横から見るとこんな感じ。
滝壺に大きな岩が落ちていてオブジェみたい。

b0025947_1193695.jpg


私達が滝に降りて行ったとき、二人の方とすれ違い上の道へ上がって行かれました。
帰りに上の道で後ろを通り過ぎると深刻な様子で携帯で話されてたのですが
車に乗ってさあ帰ろうとすると橋のところに救急車が来ました。
あ、さっきの電話は救急車の要請だったのか。
ケガか急病人が出たのかな?
でも人が居たのは滝壺の周辺だけ。
そんな人いたっけなぁ,,,

帰って写真を見ていたら写っていました。
この頭を押さえている方。足を滑らせて頭を打ったのかな。
全然気づきませんでした。


b0025947_1194941.jpg



大野寺弥勒磨崖仏


b0025947_1110185.jpg

[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2012-09-29 11:59 | 山歩き・川遊び | Comments(6)
畝傍山
例年より2週間も早く梅雨入りしたんだって,,,あんまり嬉しくないニュースです。
雨が降るとチャリ通勤の私はとっても困る。
歩いたって大した距離ではありませんが、
一日通し勤務の日は重い買い物をぶら下げて帰るのはかなり疲れます。
家人が先に帰宅予定の日はベックの散歩も、私のお迎えも頼めて嬉しいんだけどね~♪

さぁて、始まったばかりの梅雨にぶつぶつ言ってないで
爽やかだった4月のお出かけ「奈良・橿原神宮と畝傍山」でございます~。
あ、ついに一ヶ月以上遅れの記事となってしまった,,,

ここ数年奈良の山辺の道に何度か行っていますが、
昨年十月、大神神社から見た大和三山の事を書きました。
その時の記事に奈良にお住まいのmelonpanさんがくださったコメント
『大和三山は 私が子供の頃は 大和の子供はみ~~んな知ってた,,,
いにしえの 奈良の都を感じることが出来るっていうか・・・。
奈良で一番大和らしい風景じゃないかなあって思います。』
大和三山の景色とこの言葉は静かに、でもなんだかとてもしっかりと心に残っています。
そしてmelonpanさんと同じように私もこの三山が見える景色がとても好きになりました。



4月17日(日) その三山の一つ、畝傍山とその麓に50万㎡もの広大な神域を持つ橿原神宮へ行ってきました。

社殿の東側は約500種15万本の樹木が茂る森林遊苑があり、のんびりとゆったりと、奈良らしいなぁ。

b0025947_1812453.jpg


b0025947_18555755.jpg


b0025947_18563467.jpg


b0025947_18574996.jpg



畝傍山には橿原神宮の北側の参道にある登山口から登り始めますよ~。

b0025947_1915572.jpg


といっても標高は199.2m。20分くらいで山頂へ着きました。
山頂には時計が,,,(^-^) ここへ登るのを日課にしてる方も多いのでしょうね。
途中あった看板によると畝傍山は死火山で、「火がうねる」という意味から名付けられたと考えられています。

下山しましたー。
登山口にお花や若葉がきれいなお庭がありました。

b0025947_193376.jpg


まだ時間が早かったので、神宮にはベックは入れないかもしれないけど周辺を歩いてみます。

b0025947_19353033.jpg


そして南側の深田池へ。
ここには野鳥がいーっぱいいました。

b0025947_19372931.jpg




b0025947_22511893.gif



5月15日(日) ナンジャモンジャの花が満開だと聞いてお散歩に行ってきました~♪

b0025947_22334397.jpg


久しぶりのD公園でベックいい笑顔~\(^O^)/

b0025947_22365291.jpg


b0025947_2237235.jpg

プロペラ紅葉ってかわいい
b0025947_22374339.jpg



たくさんの写真を見てくださってありがとうございます。
最近の話も書かなくちゃって思ったけど、それだって2週間も経ってる始末(-"-)
相変わらずののんびり更新で失礼しました~。
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2011-05-27 20:46 | 山歩き・川遊び | Comments(18)
3月雑記
3月の散歩はいろんな所へ梅を見に行ってきましたよ~。
まず3月3日、この日は実家の父の誕生日。
今年で,,,わっ、80歳だ。この日まで気付いていませんでした。(汗)
ここ二~三年で母の認知証がどんどん進行するのに気を取られていて
はっと気付けば父も一昨年の夏の暑さで調子を崩してからなかなか元気が戻ってきません。
そうか、80なんだ,,,
父も母も少しでも体調がよくなって、心穏やかに過ごしてくれますように。


そう、その3日はお休みだったので近所の公園へ出かけました。
少し曇り空だったけど

b0025947_19281682.jpg



3月6日(日) 
ほんとは城陽の青谷梅林へ行ったのですが、想像以上に人が多くてベックを連れて歩くのは断念。
そして精華町のけいはんな記念公園へ行き先変更。
ここはわんこOKの広々とした公園です。
小さいけどここにも梅林があったよ。
そうそう、この日は花見だったので家人の母も誘ってきました。

b0025947_19354477.jpg



3月12(土)
翌日は仕事だったので遊べない~。で、この日家にいた家人と近くの正法寺へ観梅に。

b0025947_2031317.jpg


b0025947_2035237.jpg



3月27日(日)
奈良の柳生の里を歩いてきました。
柳生藩陣屋跡に車を停めて歩き始めましたが、家老屋敷も柳生家菩提寺芳徳寺もわんこはNGなので
表から眺めるだけで、あとは里山あるきをの~んびり楽しんできました。

b0025947_19455928.jpg

柳生一族が厳粛な修行の場として選んだ所の1つ天乃石立神社には数多の苔むした巨石があります。
真っ二つに割れた一刀石にびっくりしましたが、花崗岩には特有の垂直にピシッと割れる摂理があるそう。


3月はまとめてのアップでしたが、もう桜の季節も終わろうとしているのにこれではいか~ん
ということで、こんな形になりました。
もちろん桜もあちこちで楽しんでいるので、頑張って書かなくちゃ~。



ここでtanouxさんのリクエストにお応えして
柳生beck十兵衛の大きな画像を(o^-')b

b0025947_1932561.jpg

[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2011-04-15 20:11 | ANYTHING | Comments(14)
春日山原始林 -滝坂の道-
2/20(日) 

世界遺産でもある奈良の春日山原生林の滝坂の道を歩いてみました。
ここは江戸時代、柳生の里へ米や薪を牛の背中に乗せて歩くのに作られた石畳の道です。

b0025947_154445100.jpg


歩きやすくするために作られたらしいけど、
石畳って結構ぼこぼこしてて歩きにくいし足の裏が痛い~。

山岳仏教信仰の場でもあったので道沿いにはたくさんの石仏が点在しています。
神社仏閣や仏像には全然詳しくないけど、なぜか昔から野の石仏には惹かれるものがあります。

b0025947_15495933.jpg


峠の茶屋に行くと雑種わんこがいると事前にネットで分かっていたので
ちょっと楽しみに行ってみたら、
声を聞きつけて裏からわんこが出てきました~。
う、放し飼い,,,大丈夫か?
最初はベックの様子を伺いながら近づいてきたと思ったら~ガウガウー!!
女の子はお気に召さないらしい。
普段なら繋いでくださいと言うべきところですが
まあ私達がお邪魔してるわけだし、
繋ぐのは裏手らしいし、もうちょっと見ていたいし
ベックを抱っこして写真を撮らせてもらいました。
もう14歳で、足の付け根に大きな腫瘍ができています。
お聞きするとずいぶん前かららしいですが、手術言うてもなぁ,,,とおっちゃん。
まだまだ元気そうだったよ。いつまでも元気でね~。

b0025947_1634739.jpg


b0025947_16550100.jpg


b0025947_1661598.jpg


もう少し歩いたら夕日観音。
それを見たらそろそろ引き返そうかと言っていたのですが、この後大変な目に~

夕日観音を見たんだから朝日観音も見たい、ともう少し上まで上がって行く家人について行くと
確かにあったあった。これが朝日観音ね。
でもこの少し前からかなり下ってきたしなぁ~
これをまた登るのかと思うとしんどいと言っていた家人。
なんか考えているなと思ったら、地図によるとこの真上方向に車の道があるはずや。
ここ、まっすぐ上に登ってみようと信じられへんことを言い出した。
だって、道ちゃうやん!!ただの山の斜面やん!!!
どこへ行くにも行き先と道を調べて連れてってくれるのはありがたいし
大抵は黙ってついて行くけど、これは無理やわ。行かへん!ってきっぱり何度も言ったのに
いや、行けるって。行ってみよう!といつになく引き下がらへん家人。
じゃあそんなに言うなら行ったらいいやん。私は来た道を引き返す!とまで言ったけど
私がいなくなったらベックが止まってしまうからあかんといって聞いてくれません。
誤解のないよう言っておきますが、家人は普段ここまで強引な性格ではありません。
なのにここまで言い張ったのは、ほんとに引き返すのがしんどかったんだろうなぁ
と今になれば思えます。

b0025947_16185255.jpg


どうしても行ってみるというので私も折れるしかしょうがなく、道なき道を登り始めました。
道じゃないから足下は落ち葉だらけで滑るし、急なのに捉まる木も欲しいところにはない。
山登りというより崖登り。
さすがのベックですら上を見上げてどのルートから登ろうかと野生の本能で考えてる様子。
いやほんま、ベックも滑るし必死な様子でした。
ある程度登っても上の道が見えてこないのは家人も予想外だったようで
おかしいなぁ,,,だいじょうぶか?
大丈夫ちゃうわ!見たら分かるやろ( ̄ヘ ̄)凸 これは遭難や!!
焦った家人、ちょっと先に行って見てくるわと一生懸命登っていくけどまだ見えぬ道。
下を見るとようこんな斜面登ってきたなぁというくらい急で
もう降りることもできんやーん(*。*)
なんかね、冗談じゃなくほんとに身の危険を感じて背筋が寒くなったよ。
少しでも足を滑らせたら真っ逆さまやんとか、
このまま山の中で迷ってしまったらどうしたらいいの~って。
いやいや、そんなん考えてる場合ちゃう。
今は必死で登るだけ。
原始林といっても人が来ないような山じゃないし絶対どこかに出ると信じて~!
そんな恐怖と戦いながら、どれくらい登ったか分からないけど
やっと「道や!」という家人の声しました。
あぁぁぁ~よかったぁ。助かったぁ。ほっとしたのなんのって。
家人、悪かった。すいません~と珍しく(?)マジで謝ってましたが
しばらく怒りが治まらなかった私。
今でもなんであんな無謀なことを思いついたのか分かりません。
きっと悪魔いや石仏の囁きに惑わされたんやな。

ベックー、無事でよかったなぁ。
お父さんのお陰でえらい目に遭うたでちゅ。

b0025947_1715637.jpg




ところが話はこれで終わらなかった。
3日後、ベックをなでなでしていると大きな瘡蓋が。
体を掻いているし、他にも何カ所か小さな瘡蓋があります。ダニ?!
2月なのでまだフロントラインしてなかったのです。
もしかしてあの崖登りのとき?
とりあえずフロントラインして、ダニじゃないかもしれないので次の日病院へ。
ダニは見つかっていないので他の病気の可能性もあり、血液検査をしてもらいました。
結果は悪性を疑うようないくつかの病気は否定されて取り敢えず安心。
かゆみ止めのお薬をいただいて様子を見ることに。

ついでにフィラリアの検査と健康診断をしてもらったのですが
ベックが小さい頃お世話になったO先生は
ベックが昔からやせっぽちで恐がりなことをよく覚えていてくださいました。
このO先生、その時から怖がらせないようささっと見てくれるのが上手い。
診察台の上が何より怖く、隙があれば飛び降りようとするので
上に載せている時間は少しでも短い方がありがたいのです。
健康診断の結果は9歳とは思えないほど筋肉もしっかりとしているし
血液検査も触診も問題なし。体型も理想的だそうです。( ^-^)/\(^o^ )
嬉しいねぇ~、ほんとに嬉しい♪
これからもこれを維持しなくちゃね。

O先生、どこの山に行かれたんですか?って聞かれるので
奈良ですと答えると、奈良のどこですか?って。
えっ、そんなに詳しく?
まだこんなに寒いのにダニが発生していることと場所を把握したいのでということ。
普通は3月くらいからでいいのですが、
山に行く子は早めにしてくださいとのことでした。
はい、以後気をつけます!

b0025947_18553493.jpg



ほったらかしの家の庭にもちゃんと春がやってきました。

b0025947_19382432.jpg


b0025947_19384541.jpg


b0025947_1939613.jpg

[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2011-04-08 15:54 | 山歩き・川遊び | Comments(6)
奈良室生~山辺の道
いよいよ11月。今年もはや残すところ二ヶ月になってしまったのですね。
今年はいつまでも暑く、10月に入ってやっと少し過ごしやすくなり
さあこれからどんどんお出かけして楽しむよ~と思っていたのに
お天気が悪かったり、車のトラブルで結局遠出できたのはたった一日だけ。
それがこれから書く奈良でした。
そして気づいてみればいつの間にか小さい秋がだんだん大きい秋になりつつある。
今日の夕方の散歩は風もきつく、川原歩きは冷えました。
これから仕事も年末に向けて忙しくなってくるし、体調崩さないようにしなければ。


10月11日(月)
 
室生山上公園芸術の森

調べてみるとわんこも入れるらしいということで、室生の芸術の森に行ってみました。
でも念のため受付で聞いてみると、小型犬ならいいよ~とのこと。
ん~~~ベックはどう見たって小型犬じゃないですけど,,,
でもその受付の方というのが多分この村のおばちゃん。
杓子定規にダメッて言われそうな雰囲気はなかったので
取り敢えずベックの面接してもらいました。そしたら、、、
あらっ大きいねぇ。うちにもこの子にそっくりな子がいるよ~。
まあおしっこやウンチさせないようにしてくれたらいいよ~って。^^v
私達が着いた時点で駐車場にあった車は一台。
今日ものんびり楽しめそう~

もともと棚田のあった土地に、イスラエル出身の環境造形作家ダニ・カラヴァン氏が制作したピラミッドや塔など、ダイナミックな芸術作品が並んでいます。
広い土地にぽつんぽつんとモニュメントが点在しているので、全体が分かる写真が撮れなかった...

階段を降りて行くと地下通路があり,,,

b0025947_20114059.jpg


出たところは↑の一番左の写真の奥の方に見えている『螺旋の竹林。』

b0025947_20275927.jpg

ベックが「お母さん、ちゃんと来るかなぁ~」と覗き込んでました。^^

b0025947_20164335.jpg
b0025947_2017079.jpg


調べてたとき一番印象的だったのがこれ。
『螺旋の水路』
b0025947_20181222.jpg

b0025947_20191423.jpg

b0025947_20194250.jpg


日時計とベック時計
b0025947_20211411.jpg

『第2の島 ピラミッドの島』
b0025947_20224040.jpg


b0025947_2023545.jpg


b0025947_20234474.jpg

『第3の島 ステージの島』
b0025947_20241061.jpg

『太陽のモニュメント』
                                           撮ってる私↓
b0025947_20292771.jpg

                                            
b0025947_2031525.jpg



☆山辺の道 大神神社~桧原神社

さぁて、芸術鑑賞の後は山辺の道へ。
前回山辺の道を歩いたのは2008年11/30
山辺の道の北の起点、石上神社から念仏寺まで歩きました。
今回は南の起点、ほんとは桜井駅ですが車を止める場所がなかったので
少し北へ上がり大神神社から歩き始めました。
大神神社境内の大美和の杜展望台に上がるとちょうどお昼だったのでここでお弁当タイム。
う~ん、いい眺め。というかなんだかほっこり落ち着く景色ですねぇ。

b0025947_22413143.jpg

あの二つのお山は?
帰って調べてみるともう一つ左に小さいお山があって、それを含めて『大和三山』でした。
左から “香具山” “畝傍山” “耳成山”
あ~、知識がなかったばかりに二つしか写さなかったぁ。
大神神社の大鳥居も入れて三山を写せば完璧だったのになぁ。

大和三山を詠んだ万葉歌
「香具山は畝火(うねび)ををしと耳成 (みみなし)と相あらそひき神代よりかくにあるらし古昔も然にあれこそうつせみも嬬(つま)をあらそふらしき」(中大兄皇子)

香具山というとこの歌が有名ですよね。
「春すぎて 夏来るらし 白たへの 衣干したり 天の香久山」(持統天皇)

なーんて柄にもなく万葉集を持ち出してみたけど、古典は昔あんまり好きじゃなかったなぁ。
でも、この時代の歴史は里中満智子さんの「天上の虹」
日本の第41代天皇で女帝である持統天皇を主人公とした作品で興味を持ったんだよね。

b0025947_1192752.jpg


b0025947_1110331.jpg

b0025947_11103018.jpg

b0025947_11104985.jpg

b0025947_1111517.jpg


山辺の道はさすが中高年には人気で、所々すれ違うのもやっとの細い道があるところは
ベックを引き寄せて急ぎ足で歩いたりしたけど
奈良は京都とはまたひと味違う風情があって好きです。
今回はお昼から歩き始めたので往復3kmの短い距離でした。
これで山辺の道を北と南から歩いてみて、残すは真ん中の念仏寺~桧原神社ですが
ここがけっこう距離があるみたい,,,またのんびり行ってみたいです。
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2010-11-01 23:11 | 山歩き・川遊び | Comments(4)
| ページトップ |