「ほっ」と。キャンペーン
Top

愛犬beckとの毎日・ソウルミュージック・陶芸・お庭...             管理人 be☆び
by ettasmokey
MENU & LINK
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本家HP
  “QUIET STORM ”

   ◇TOP PAGE◇ 
 

ふぉと掲示板
MY SWEET SOUL
『RAM JAM Life』 ~土と遊ぶ
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




いつでも里親募集中





《LINK》

NHKネットラジオらじる★らじる
洛西陶芸教室
陶芸用語集
花図鑑

最新の記事
ご無沙汰しています
at 2016-10-23 19:57
小豆島2日目
at 2015-10-22 23:57
小豆島
at 2015-08-31 16:54
富士山
at 2015-02-19 23:08
2015年 明けました♪ 降..
at 2015-01-09 13:23
外部リンク
お気に入りブログ
Kenny's Musi...
てるみん陶工房
わたしのスィートミュージック
器・UTSUWA&陶芸blog
そ よ 風 散 歩
しょ~ちゃん と おっと...
♪♪ミヤコのサロン♪♪
クイイジーヌmintot...
サイママ日記
パンの木ぷらす~備忘録
空が好き!
器が好き (パンも大好き)
◆うえるかむ♪はなちゃん'S◆
二匹とふたり
サクラちゃんの日記
3×ビーグル!!!
私のちいさな家族達へ
MI-CHIN'S BLOG
天・心・RUN・MINE
HANA はな OHANA
日々メモ(音楽篇)
食卓の風・・・
森の暮らし  たいまぐら便り
♪happyがいっぱい♪...
手の先の事徒然に
あお空ダイアリー
■工房 YUSA
駅風呂やめました本舗
みかんとまろんのお馬鹿な...
わんぱく歓とおとぼけママ...
Happy everyday
愛犬とおでかけし隊!
舞ときらりと琴
陶工房 八朔日記
うれしいの素
.。.:*・゚ご飯が大好...
たっちゃん手控帳でござんす
ぼちぼち生活②
幸せとともに
Trimming
岡山・Go Go グルメ隊!!
Animal Skin ...
ややコロ日記
chez-kina
ごはんの時間 ++気まぐ...
雲母(KIRA)の舟に乗って
麻生圭子 水辺の家で猫と...
カテゴリ
全体
BECK
山歩き・川遊び
おでかけ
自然
SOUL MUSIC

日々の出来事
ランチ
オフ会
陶芸
’04 秋に起こったこと
岡山
ANYTHING
スキン編集用画像
旅行
未分類
ライフログ
我われは犬である
SOUL !
タグ
(35)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
検索
以前の記事
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"WD-succulent1" Skin by Animal Skin
タグ:桜 ( 4 ) タグの人気記事
Top▲ |
吉野へ
今新聞のチラシや広告を見ていると安くてお得そうなツアーがいっぱい載ってますよね。
海の幸や果物食べ放題とかお花畑とかミステリーツアーとか魅力的な文字が目を引きつけます。
でも乗り物酔いしやすい私。特にバスは苦手です。
子供時代、学校行事の遠足や修学旅行でもあんまりいい思い出がありません。
六甲山へ林間学校に行ったときは山道で酔いまくり、着いたときには半病人。
ぶっ倒れて集合写真にも呼んで貰えず,,,涙
帰りはもう一人すごく酔ったT君と二人で電車で帰った記憶があります。
バスの排気ガスの臭いだけで気分が悪くなることもあるしね~。
スーパーの抽選で当たった日帰りバス旅行も行かなかったし
バスツアーに行こうなんて考えたこともなかったのですが,,,

わん友さんからのお誘いで奈良の吉野へお花見バスツアーに行くことになりました。
決まってからネットで調べたよく効く酔い止め薬など購入し、当日を迎えたのでした。

4月10日(水)

一緒に行ったのはRUNさん、おば関ちゃん、ma-saちゃん。
今年は桜の開花がとても早く、近畿圏の桜はもうとっくに散ってしまっていましたが
吉野は下・中・上千本のうちどこかが残っているだろうという期待の元
朝ちゃんと酔い止め薬を飲んで、バスの中では楽しいおしゃべりにも寄らず
ただひたすら寝る作戦で、無事気分よく吉野到着。

駐車場は中千本ですが、きっと咲いてあるであろう上千本目指してここからは山登りです。
ところが、やっぱりねぇ~もう終わってました。

b0025947_14522913.jpg


それでもお土産店を冷やかしながら、もうちょっと上まで、もうちょっと,,,
バスを降りたとき手渡されたお弁当がビニール袋の中で斜めになるのを気にしながら歩きました。


b0025947_1457927.jpg


A が登り口。この時期でもけっこうたくさんの人が来られてます。
B 柴わんこがいるとみんなで囲んでもれなく写真撮影~。
C 枝垂れはまだかろうじて咲いてた。
D 一目千本、これが満開だったらさぞきれいだろうねぇ。
E この看板を入れて景色を撮りたかったのにここに三脚立ててずっと居座ってるお兄さんがいて断念。
F 木彫りわんこでさえ撮影~。
G 最初から帰りには食べようと決めてた桜の花の塩漬けが入った桜ソフト。吉野葛も入ってるんだそうです。
ほんのり塩味ですごく美味しかった~♪


b0025947_1585818.jpg



b0025947_1592433.jpg



金峯山寺(きんぷせんじ)ではホラ貝を吹く修験者さん達にタイミングよく出会いました。


b0025947_1594596.jpg


修験道とは  金峯山寺HPより

日本古来の山岳信仰に、神道や外来思想の仏教・道教などが混合して成立した、我が国独特の民族宗教であると位置づけられていますが、その中心は実践性にあります。修行得験とか実修実験とか表現されるように、深山幽谷に分け入って、命がけの修行をし、霊力、験力を開発する道と言えます。
修験道の開祖として尊崇される役行者に「修行は難苦をもって第一とす。身の苦によって心乱れざれば証果自ずから至る」という聖句が伝えられていますが、修験道は自ら修して、自らその験しを得るところに真髄があるのです。修するとは、役行者の教えの道を修するのであり、験しを得るとは、単に験力 や神仏の加護を獲得するではなく、究極は自らの心の高まり(菩提心)を得ることに他なりません。自らの身体でもってそれぞれに体験し、その精神を高めていくというあり方は、ある種、万人に向いた親切な教えであると言えるでしょう。
加えて、役行者は終生を在家のまま通されたことから、「役優婆塞(エンノウバソク)」と呼ばれますが、修験道は開祖の遺風に拠って、在家主義を貫いています。優婆塞とは在家の信仰者ということです。つまり真俗一貫、在家の生活を守ったまま、仏道に叶う生き方を見つけていく、自らを高めていく、ここに修験道の真骨頂があります。


男性もおられましたが、ほとんどが女性でこの方達がみんな厳しい修行をしておられるのかと驚きました。


b0025947_1537068.jpg



お土産は柿の葉寿司ともちろん葛餅。
帰りのバスではまた寝ていようと思ったのですが、おば関ちゃんと話が弾んで気づいたらもう京都。
酔い止め薬を飲んだのは小学校以来ですが、暗示効果もあってかよく効いて、
こんな調子だったらこれからバスツアーもありかな。
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2013-07-01 15:50 | おでかけ | Comments(4)

やっと桜にたどり着きました (-"-)
例年の如く桜の季節はかき入れ時で土日休めないので、近くの桜を楽しみます。

S公園の枝垂れ桜の下で,,,
ほんとは曇り空で鮮明に撮れなかったのですが
ちょっと細工して、夢の中で桜の下で遊んでるベックって感じかな。


b0025947_16152049.jpg



夕方散歩する河原の桜も3月終わりに満開を迎えました。


b0025947_1616305.jpg




b0025947_16165235.jpg




b0025947_1617846.jpg




4月8日、その前日・前々日に地元の桜祭りが終わりほっとしたところで
RUNさん舞ちゃんココロンと一緒に大原野神社の千眼桜を見に行きました。
今年の桜はとても早く、この頃とっくに終わっていたのですが
千眼桜もお向かいの正方寺の枝垂れ桜もまだきれいに咲いていました。

久しぶりに急な坂を登って花の寺へも登ってみました。
左下の写真、珍しく舞ちゃんが水に足を浸けています。
水路に落ちた桜の花びらが気になったのかな~。
首をかしげて見つめるその姿が可愛い♪


b0025947_16181059.jpg




先月、家人がオークションでカメラを落札しました。
今のコンデジはほぼ私が独占しているので、自分用のが必要だったのか欲しかったのか~
で、ベックと散歩に出かけては色々撮ってきて私のPCに入れておいてくれます。
ここから3枚は家人撮影の画像。 @sakura マークをつけることにします!


b0025947_16193411.jpg


千眼桜は私達が行った時よりきれいだったね~。

b0025947_16191055.jpg



まだ寒くて丸まって寝ているベック。これ可愛いなぁ~❤

b0025947_16195269.jpg



これはうちの花桃。今年もよく咲いてくれました。

b0025947_16172846.jpg

[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2013-05-22 17:09 | 自然 | Comments(6)
さくら三昧 その弐 マリンちゃんと♪
5月、爽やかでお出かけにはぴったりな季節のはずなのに、連日の雨ですね。
冬物やベックの物を洗濯したいのになかなか気持ちよく乾かない,,,困ったなぁ~
といいながら、やっと今頃またまた桜のお話の続きでーす。


以前からベックが夕方散歩する川原の桜並木を歩いてみたいと仰っていたMARIN-MAMAさんに
そろそろ満開だよ~と連絡してみたら、私のお休みの日に合わせてくださるとのこと。
4月12日(火)、お母様とマリンちゃんと一緒に京都まで来てくださいました~。
お弁当を買って出発です。

b0025947_12532291.jpg


マリンちゃん、お久しぶり♪
朝は少し涼しいかなと思っていたけど、川原を歩き始める頃には気温がだんだん上がってきて
マリンちゃんちょっと暑そう。
日陰を選んでゆっくりと歩くマリンちゃん。マリンちゃんは14歳なんですよ。
MARIN-MAMAさんやお母様と一緒にハイキングや山歩きも楽しんできた元気なわんこさんです。

白いタンポポ、菜の花と桜と青空、折り返しの橋から眺める桜並木...
のんびり写真を撮りながら散策しているうちにお昼前になりました。
お弁当だよー! マリンちゃんもベックもお弁当の中身が気になってしょうがない
お母さん、ちょっとでいいからちょうだいよぉ~って言ってるみたいなマリンちゃんo(^-^)o
そうか~ああやっておねだりすればいいんだぁと思ってるみたいなベック。
私の大根さん二本写ってるけど、この写真↓なんか好きだなぁ

b0025947_12545442.jpg


川原で初めて会ったイケわんさん。
柴とシェパードのミックスでしば君ってお名前なんだそう。
積極的にアプローチされてベックも満更でもなさそうだったよ(o^-')b

b0025947_14502778.jpg


次は善峯寺へ。
応仁の乱で焼失したこの寺を再興したのは、徳川五代将軍綱吉の生母「桂昌院」ということで(?)
わんこOKのありがたいお寺です。
ここからRUNさん一家合流ですよ~。

b0025947_1514264.jpg


善峯寺は山の中腹の広いお寺で、けっこう歩き甲斐があります。
時々鳴る鐘の音が苦手でシッポが中に入ってしまう舞ちゃんとベックですが
マリンちゃんも元気出して歩いてるよ~頑張って~。

b0025947_1517686.jpg


桂昌院お手植えの枝垂れ桜が有名です。

b0025947_15434880.jpg


b0025947_1545691.jpg


b0025947_15452766.jpg


b0025947_15461914.jpg



せっかく洛西まで来られたのだから~と欲張ってもう一カ所,,,いや二カ所だけご案内を。
ベック家から歩いて30分くらいのお馴染み、正法寺と大原野神社です。
正法寺は小さいけれど四季折々お花が楽しめ、しかも気軽に来られるのでお気に入りです。

b0025947_1559535.jpg


桜と月、なんとか撮れたね。

b0025947_15593266.jpg


b0025947_1614444.jpg


大原野神社の千眼桜は遅咲きでまだ咲き始めといったところでしたが
初めて入ったお茶屋さんで(こんなに来ているのに...)みんなでよもぎ餅をいただいて
マリンちゃん、朝からよく歩いてお疲れ様でした~。
また機会があったら一緒に歩こうね♪




b0025947_18424538.gif
ベックは神経質で音に敏感で、雷や花火や太鼓の音が大の苦手。
家の中でも仰向けで寝るようなことは決してなく、寝ていても微かな物音で必ず目を開けるので
すやすやの寝顔写真が撮れない。
そんな子でしたが、最近は私や家人がソファからそーっと立ち上がると目を開けないことが多くなりました。
耳が遠くなったのかな?
そりゃ今年の夏で10歳だもんね。
健康診断で若いって誉められても、それなりに衰えてくるところもあって当たり前だよね。
それにね、鼾もかくようになったんですよ~。
私がPCしてると後ろからすぴーすぴーって聞こえてくるから
家人がテレビ見ながら居眠ってるのかなと振り向いたら、笑いながらベックを指さしてる。
それがここのところ毎晩のように(-_-)zzz
ま、それも可愛いんだけどね。

10歳過ぎてもマリンちゃんのように元気で一緒に自然を楽しめるといいね~。
それには私と家人の鍛錬も必要,,,(^-^;)
[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2011-05-12 16:34 | おでかけ | Comments(12)
4月 さくら三昧 その壱
もう5月?!
なのに暖かい日があったり、寒くて外へ出ればまだダウンを着ている人もあるほどだったり、
晴れてたと思ったら急に突風が吹いて雹が降ってきたり。
4月後半は毎日読めないお天気に振り回されました。
洗濯物を干して仕事に行けないっていうのが結構困ったなぁ。
5月、梅雨やその先に待っている暑~い京都の夏までの短く貴重な爽やかな季節。
いろんな所へお出かけしたいなぁ~と思っているのですが,,,
あ、その前に4月のさくら三昧の写真を。

今年は寒くて桜の開花が少し遅くなりました。
4月5日(火)、この日はお休み♪しかも青空~♪
S谷公園の枝垂れ桜が満開との情報。
だけどS林公園の紅すももも今日を逃すと散ってしまいそうだしなぁ。
反対方向だし、どっちに向いていこうか~
ま、取り敢えずS谷公園方向へぶらぶらと行ってみることにしました。

b0025947_10484023.jpg

先客親子が桜の根元にブルーシートを敷いてお母さんは読書、子供達は桜の周りを駆け回って遊び、
私の撮影的にはベストポジションが撮れず残念だったけど(^^;
のんびりととってもいい時間が流れていました。

b0025947_1129195.jpg


川原の桜を下見しながら(これはまだだったけど)家の近くまで戻ってきたけど
お昼までにはまだ時間があるね~。やっぱ紅すももも見に行こうか、ベック。

b0025947_1163658.jpg


午前中目一杯お花見散歩できて、贅沢な時間でした~。


4月8日(金)、二時まで仕事して帰ってきて、K坂の桜がきっと満開だろうと行ってきました。
ユキヤナギの小径もきれいでしょう。

b0025947_11164746.jpg


b0025947_11182825.jpg



さくら三昧その弐はお友達のMARIN-MAMAさんとマリンちゃんと一緒にお出かけしてきました。
頑張って写真整理しないと~!もうしばらくお待ちを。

b0025947_11313057.jpg

[PR]
Top▲ | by ettasmokey | 2011-05-01 11:24 | 自然 | Comments(6)
| ページトップ |